オフショア生保積立の満期時に使える節税方法はあります

オフショア生保積立を契約されている方で満期時の節税方法について頭を悩まされている方はいらっしゃるかと思います。

前にもこの記事でお伝えした通り、HSBC香港など海外口座に満期金を戻しても日本の税法から逃れる事はできませんので、日本で納税したくないのであれば非居住者になるしか選択肢はないとお話しました。

この事実を知らなかった方が多いようで、前回の記事を書いて以降満期時の対処法などについて多くの質問を頂戴しています。

JACKは税理士ではありませんので具体的な節税法などについてのアドバイスや指南はできません。

ですがJACKなりに限りなく合法的に節税する方法を考えてはいますし、このまま日本の税法や税率が変わらないのであれば取るべき手段を日々模索しています。

これらJACKの考えについてはコアメンバーに対してのみお伝えしたいと思っています。オフショア生保積立を契約しているコアメンバーは遠慮なくお問い合わせください。

数年前に某税理士法人御一行様を香港にお連れして口座開設やオフショア生保積立のお手伝いをした事があります。いまでも当時行かれた方と連絡を取り合っていますが、税務のプロであり絶対に違法行為はしない税理士に方々がオフショア金融商品についてどのような考えを持たれているのかJACKは近い立場で見ています。

マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



 COMMENT

関連記事

海外銀行口座を持っておく理由とは

不利な条件でオフショア長期積立を契約したのであれば数ヶ月の積立金は捨ててでも解約...

JACKが何故オフショア長期積立を契約しているのか

日本人が日本人を騙す案件が多発中。投資セミナーで有益な情報は得る事はできません

オフショア金融商品の証券はきちんと管理・保管していますか

円高になってくれたお陰で外貨積立の日本円支払額が減りました。前払いをすべきかどう...