オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HSBC香港口座を開設しても日本居住者は税金を逃れる事はできません

オフショア生保積立を契約されている方から「HSBC香港口座は早めに開設しておいた方がいいですか?」という質問をよく頂戴します。

よくよく意図を聞いてみると、オフショア生保積立が満期を迎えた時にお金を日本に戻すよりもHSBC香港に戻した方が課税されないという認識をされている方が非常に多いのには驚きます。

恐らくオフショア生保積立を紹介された際に、紹介者からそのような脱税を指南されたのかもしれませんが、この認識は間違っていますので正しい知識と情報を入れておきましょう。

まずこれだけは知っておいてほしいのですが、既にHSBC香港口座は日本の税務当局に筒抜けで誰がどこの支店に口座を持っていて、資産がどのくらいあるのかはすぐに分かるようになっています。苦労してハンドキャリーでお金を隠して持って行って入金していても、怪しいと見做されれば突然国税庁の職員が自宅にやってくるという事態になりますよ。

HSBC香港に口座を開いて、オフショア生保積立をやっているなんて情報は税務当局はほとんど把握してますので、満期時に申告しないと後で追徴課税や重加算税食らって大変な事になりかねません。

そんなに税金を払うのが嫌なら、非居住者になって海外に出るしか方法はなく日本に居住しているのに、海外資産を申告しないなんてのは許されない行為でリスクが高いんです。よく覚えておきましょう。

JACKがよく言うのは「25年後の事なんて分からないし、もしかしたら日本の税法が変わって利子・配当税率が下がるかもしれない。そうなれば日本に戻す方が有利なんだから、あまり変な事を今から考えない方がいいですよ」という事です。

オフショア生保積立契約とHSBC香港口座を一纏めにして検討するのは良いですが、くれぐれも満期時に税金を逃れるような考えはしないでくださいね。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い