オフショア保険・金融商品契約している人はIFAの連絡先を確実に理解しておこう

昨日のブログ記事の補足にはなりますが、

 

  • RL360(ロイヤルロンドン)
  • インベスターズトラスト
  • メティス
  • プレミアトラスト

 

などの商品を契約している方全員

 

IFA(代理店)の名前と連絡先は把握していますか?

 

 

被害者

被害者
え?代理店って日本の紹介者のこと?

 

被害者

被害者
プラン契約手続きしてもらった日本の会社なら知ってるけど

 

こんな状態の人は非常に危険です!

 

 

あなた方が知っているのはIFAではなく、

日本国内の紹介ブローカーですよ!

 

 

 

紹介ブローカーは、契約手続き以外は何もできないので、

解約途中引き出しの際に役に立ちません

 

 

紹介ブローカーは途中で連絡が取れなくなったり、

顧客からのクレームを恐れて逃亡する危険性があります。

 

 

皆さんがオフショア積立プランを契約後に、

 

知っている連絡先が日本国内の紹介ブローカーだけだったら、その後の重要な手続きはどうするんですか?

 

・積立を止めたい

・やっぱり解約したい

・クレジットカードの請求を止めたい

・お金を引き出したい

 

一体だれに何を連絡して、どうやって解決するんですか?

 

 

そんな時でもIFAの名前連絡先さえ知っておけば何の問題もありません。

 

 

IFAは簡単には潰れないし、逃げることもない。

 

IFAが分かれば、

紹介者が逃げようが飛ぼうが何の心配もないんです。

 

 

既にオフショア積立プランを契約している人の中で、

IFAを知らない人はすぐに調べましょう。

 

 

問題を後回しにせず、

今すぐ調べるようにしてください。

 

 

紹介者と連絡が取れるのであれば、

紹介者に聞けば分かります。

 

IFAを教えてくれない紹介者は悪徳確定

中には、IFAの名前や連絡先を教えてくれない紹介者もいます。

早期解約させないための防衛策でしょう。

 

 

契約から2年以内に解約されると、紹介者はマージンが貰えません

 

IFAを教えて、自分で勝手に解約されては困るので、

最低でも2年経過するまでは、IFAを教えない紹介者が多いんですね。

 

 

契約前から、自分のIFAがどこなのかは当然知っておくべきことですが、

悪徳紹介者は教えてくれません。

 

 

つまり、

 

IFAの連絡先を教えてもらっていない契約者=積立被害者

 

 

積立被害者の紹介者は、

全員悪質です(まるでアウトレイジの世界)

 

 

この記事を読んで、

「自分はIFAを知らない」という方は・・

 

すぐに調べてください!

 

 

分からなければ、

JACKが出来る範囲でお手伝いします。

 

 

「これからプラン契約する」という方は、

契約前にIFAの名前を聞きましょう。

 

 

「その会社が本当にIFAなのか?」

それはJACKに質問頂ければ回答します。

 

嘘の会社名や連絡先を伝える紹介者も多いので、

そういう人間とは、最初から話を進めるべきではありません。

 

 

  • オフショア積立
  • 香港保険

というのは、悪徳紹介者が非常に多い業界なので、

 

皆さん自身が最低限のリテラシーを持つようにしましょうね。

 

 

関連記事

2016年ここまでのオフショア積立商品運用利回り

オフショア金融商品や長期積立だけではありません。短期積立や元本確保型確定利回り商...

オフショア金融商品の証券はきちんと管理・保管していますか

6月から面白い金融商品がたくさん登場しましたね。比較検討が第一です。

オフショア生保プロバイダーは何を基準に選ぶべきか②

オフショア長期積立を初期口座中に解約するなら残りの積立金を払えという詐欺師(紹介...