フレンズプロビデント積立途中譲渡プランは全て終了しました

フレンズプロビデント積立を継続できてない人が多い中、

さすがに15年〜20年先まで放置していても資産は減る一方なので、

プランを早期解約して少しでも手元にお金を戻したいと考える人が増えてきています。

 

 

とはいっても、早期解約は違約手数料がかかるので手元に戻ってくるお金は少ないのが現実。

 

どうせ少ないなら、第三者に途中譲渡して少しでも手取りを増やしたいですよね。

 

 

プラン途中譲渡のメリットは、

  1. 解約に比べて手取りが多い
  2. 解約に比べて手続きが楽
  3. 国内口座同士での送金が可能

 

デメリットは、

  1. 譲渡先が見つかるまで時間がかかる

 

ことぐらいでしょうか。

 

JACKが同じ立場なら解約より譲渡を選ぶでしょうね。

 

 

ただ以前にもブログに書きましたが、海外積立プランは全て譲渡できるというわけではなく、

 

  • RL360(ロイヤルロンドン)
  • スタンダードライフ

 

に関しては途中譲渡はできません。

 

厳密にいうと、RL360(ロイヤルロンドン)は手続き自体は可能ですが、

この商品は譲渡になると不人気で、どれだけ譲渡価格を低く設定しても買い手が現れることはありません。

 

 

スタンダードライフは、保険会社が途中譲渡を認めていませんし、

 

サンライフやFTライフ(旧Ageas)の積立商品も、契約者名義の変更しかできません

(被保険者名義は変えれない)

 

インベスターズトラスト積立も譲渡自体は可能ですが、最近はちょっと難しいですね。

 

 

プラン途中譲渡できる可能性があるのはフレンズプロビデント積立だけ

 

と認識しておくのが良いでしょう。

 

 

ひとまず今回依頼を受けた分は全て終了しましたので、

またそういうお話があれば、マッチングのお手伝いをしようと思ってます。

マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



関連記事

NO IMAGE

JACKも最初はお金が無かった。それでもオフショア生保積立を契約した。

フレンズプロビデントCRプラン譲渡案件を更に一つ追加しました

小豆島に限らず日本全国ほとんどの人が国内の金融商品を買って損をしている

オフショア生保プロバイダーは何を基準に選ぶべきか②

NO IMAGE

IFA移管は移管元のIFAとのやり取りは一切不要なので気まずくなく処理は簡単

6月から面白い金融商品がたくさん登場しましたね。比較検討が第一です。