オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフショア金融商品の証券を紛失してしまうと後から非常に面倒な事になりますよ

images

オフショア金融商品を契約されている方は必ず契約証券をお持ちだと思います。この証券は契約後に1度しか発行されませんので、無くすと非常に面倒な事になります。

 

プランを途中譲渡する場合でも、最初の名義人の名前が書かれた証券をそのまま引き継ぐ事になります。この場合、証券の名義が前契約者のままなので不安になるかもしれませんが、契約者名義や被保険者名義は替わってますので問題ありません。証券は1度しか発行されないという前提がありますので、何度プラン名義が替わろうとも証券は最初の名義人のものを持ち回る事になります。

 

ITAのプランでしたら最近はほとんどオンライン証券ですので無くす事はありませんが、フレンズプロビデント等を契約されている方は紙の証券を持たれているかと思います。証券は英語で「Policy scheduleContract schedule」と書かれてある紙ですので契約者は再度証券の有無をご確認ください。

 

フレンズプロビデントのプランは満期や解約時に証券原本を保険会社に返さなくてはなりませんので、紛失した場合は日本の公証人役場で紛失と再発行の宣誓をしなくてはなりません。手間もお金もかかりますので証券は絶対に無くさないようにしましょう。

 

証券を紛失した状態ではIFA移管や譲渡は基本的には出来ませんが例外はあります。移管できるIFAもありますし、譲渡の場合も譲受人が将来公証人役場での手続きをする事に同意さえしてくれれば可能です。但し譲渡代金は通常よりもかなり安くなるのは覚悟しなくてはなりません。

 

フレンズプロビデントを契約されている方は、今晩自宅に帰って証券が間違いなく手元にあるかどうか確認し、それは本当に大事なものですので満期まで大切に保管しておきましょう。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い