オフショア金融商品の証券を紛失してしまうと後から非常に面倒な事になりますよ

オフショア金融商品を契約されている方は必ず契約証券をお持ちだと思います。この証券は契約後に1度しか発行されませんので、無くすと非常に面倒な事になります。

 

プランを途中譲渡する場合でも、最初の名義人の名前が書かれた証券をそのまま引き継ぐ事になります。この場合、証券の名義が前契約者のままなので不安になるかもしれませんが、契約者名義や被保険者名義は替わってますので問題ありません。証券は1度しか発行されないという前提がありますので、何度プラン名義が替わろうとも証券は最初の名義人のものを持ち回る事になります。

 

ITAのプランでしたら最近はほとんどオンライン証券ですので無くす事はありませんが、フレンズプロビデント等を契約されている方は紙の証券を持たれているかと思います。証券は英語で「Policy scheduleContract schedule」と書かれてある紙ですので契約者は再度証券の有無をご確認ください。

 

フレンズプロビデントのプランは満期や解約時に証券原本を保険会社に返さなくてはなりませんので、紛失した場合は日本の公証人役場で紛失と再発行の宣誓をしなくてはなりません。手間もお金もかかりますので証券は絶対に無くさないようにしましょう。

 

証券を紛失した状態ではIFA移管や譲渡は基本的には出来ませんが例外はあります。移管できるIFAもありますし、譲渡の場合も譲受人が将来公証人役場での手続きをする事に同意さえしてくれれば可能です。但し譲渡代金は通常よりもかなり安くなるのは覚悟しなくてはなりません。

 

フレンズプロビデントを契約されている方は、今晩自宅に帰って証券が間違いなく手元にあるかどうか確認し、それは本当に大事なものですので満期まで大切に保管しておきましょう。

マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



 COMMENT

関連記事

当時の紹介者と連絡が取れなくなって何をして良いか分からない人も多い

高額の入会金を徴収してマネースクールに入会させRL360斡旋を拡大させている団体...

台湾について誤った情報を発信している人が多いのでお気をつけください

ハンサードの長期積立を継続している方っていらっしゃるのでしょうか?恐らくほとんど...

オフショア長期積立商品の選択肢は1つではありませんので騙されないように

フレンズプロビデント積立プラン途中譲渡案件について