オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

円高に振れてきましたのでそろそろ準備を

1ドル110円を簡単に割って108円まで来ました。コアメンバーには具体的なラインをお伝えしていますがJACKもそろそろ準備を進めようと思います。

 

オフショア積立を契約している人は、毎月のクレジットカード明細書を見て日本円での支払額が下がっている事を実感されているかと思います。500ドルを積立ている場合でもこの前まで1ドル123円で62,000円くらい支払っていたのに、今では54,000円ですからね。積立金額が多ければ多いほど円高の恩恵を実感されているでしょう。

 

JACKは1ドル76円の時も積立をやっていたので当時は500ドルの積立で僅か38,000円でした。そんな時代もあったんですね〜。もう私が生きている間ではそんな円高は見れないと思っています。

 

RL360の商品は全く推奨していませんが、唯一のメリットとして日本円積立ができるという点があります。為替リスクに左右されずに日本円で積立ができるというのはフレンズプロビデントやITAにもありません。支払手数料は高くてもいいので日本円で積立たいという方にはRL360の商品がお勧めでしょう。

 

円高の時に契約しその時の日本円での支払額が基準になってしまうと、いざ円安になって日本円支払負担が増えた時に積立を止めてしまう人が結構います。円高でも円安でも一定額をコツコツやるから為替の平均値が取れてドルコスト平均法の効果が発揮されるのですが、日本円での支払負担増加に耐えれなくなったのか、最初から円安を想定していなかった(紹介者の説明不足)のか、長期契約の最初の数年で積立を停止する方が多いのは残念でなりません。

 

JACKは2009年に契約して当初は98円、民主党政権で76円まで円高になりアベノミクスで125円になった時も積立を止めずにコツコツやってるからこそドルコスト平均法の効果が生きています。

 

今度為替がどのように推移するのか正直全くわかりません。分からないからこそ支払可能な積立金額を変えずに毎月コツコツやるのが一番いいんです。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い