円高に振れてきましたのでそろそろ準備を

1ドル110円を簡単に割って108円まで来ました。コアメンバーには具体的なラインをお伝えしていますがJACKもそろそろ準備を進めようと思います。

 

オフショア積立を契約している人は、毎月のクレジットカード明細書を見て日本円での支払額が下がっている事を実感されているかと思います。500ドルを積立ている場合でもこの前まで1ドル123円で62,000円くらい支払っていたのに、今では54,000円ですからね。積立金額が多ければ多いほど円高の恩恵を実感されているでしょう。

 

JACKは1ドル76円の時も積立をやっていたので当時は500ドルの積立で僅か38,000円でした。そんな時代もあったんですね〜。もう私が生きている間ではそんな円高は見れないと思っています。

 

RL360の商品は全く推奨していませんが、唯一のメリットとして日本円積立ができるという点があります。為替リスクに左右されずに日本円で積立ができるというのはフレンズプロビデントやITAにもありません。支払手数料は高くてもいいので日本円で積立たいという方にはRL360の商品がお勧めでしょう。

 

円高の時に契約しその時の日本円での支払額が基準になってしまうと、いざ円安になって日本円支払負担が増えた時に積立を止めてしまう人が結構います。円高でも円安でも一定額をコツコツやるから為替の平均値が取れてドルコスト平均法の効果が発揮されるのですが、日本円での支払負担増加に耐えれなくなったのか、最初から円安を想定していなかった(紹介者の説明不足)のか、長期契約の最初の数年で積立を停止する方が多いのは残念でなりません。

 

JACKは2009年に契約して当初は98円、民主党政権で76円まで円高になりアベノミクスで125円になった時も積立を止めずにコツコツやってるからこそドルコスト平均法の効果が生きています。

 

今度為替がどのように推移するのか正直全くわかりません。分からないからこそ支払可能な積立金額を変えずに毎月コツコツやるのが一番いいんです。

マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



 COMMENT

関連記事

資産を一気に増やしたいのであればリスクはあるけど一点集中型投資の方が良い

吹けば飛ぶような零細IFAと契約している人は将来の難民リスクが非常に高い

フレンズプロビデントCR途中譲渡案件が1つ追加。これから新規契約する人は途中譲渡...

フレンズプロビデントCR譲渡案件をラインナップに追加。RL360の譲渡プランは受...

悪徳紹介者に間違った情報を教えられて契約した長期積立商品は初期口座期間に解約して...

オフショア生保プロバイダーは何を基準に選ぶべきか②