海外在住者(非居住者)でもオフショア積立商品を契約できます

オフショア金融商品を扱っているほとんどのエージェント(IFA)は日本居住者のみの取り扱いですので、非居住者がオフショア積立商品を契約するにはこれまで高い壁がありました。

 

ですがJACKなりに色々調べてみるとIFAによっては日本居住者しか契約できない会社と、日本居住者でも非居住者でも契約できる会社もあるようです。

 

もちろん非居住者向けの取り扱いをしているIFAは少ないので、契約後にIFAを移管したい場合の選択肢はあまりありませんがそれでも契約という最初の難関をクリアできるというのは大きいですね。

 

日本の住所証明は必要なく海外の住所証明がそのまま使えます

 

非居住者の方からのお問い合わせに関してはJACKもこれまで明確な回答ができませんでしたが、問題はクリアになったのでお陰でJACKの知識の幅も広がりました。非居住者の方も今後は遠慮なく何でもお問い合わせくださいね。

 COMMENT

関連記事

フレンズプロビデント101型途中譲渡案件が入りました。お問い合わせはお早めに

マイナンバーとオフショア金融商品についての続報

マネーセミナー講師は以前の肩書きを強調する傾向がありますが基本嘘ですので信用しな...

オフショア生保積立の商品タイプが101の場合のみ満期後も継続運用できます

オフショア長期積立の各IFAの動きが慌ただしくなってきていますね

NO IMAGE

オフショア生保積立を契約した直後であれば損切りして解約という方法もある