オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外不動産(コンドミニアム)を高値掴みさせられた友人の現状と今後の対策

何処とは言いませんが東南アジアの某国にある投資用コンドミニアムを高値掴み(ジャンピングキャッチ)させられた友人の現状が酷すぎてかける言葉もありません。

 

マンション建設前に行われたセミナーで主催者は「この物件の界隈には日系含めて多くの工場がある。アッパークラスの物件は需要が高く、まだまだ供給が少ないので完成後には年10%以上の利回りと譲渡益も狙える」と意気揚々だったのも虚しく完成して1年近くが経過した現状はと言うと、

 

稼働率(入居率)は1割以下で、転売しようにも全く買い手がおらず物件価格は暴落。賃料収入もほとんど無く毎月のローン支払いでキャッシュフローは大赤字。管理会社は賃料再値下げも検討している状態で完全に終わってます。

 

首都圏の物件ならまだしも、東南アジア郊外の貧しい地域に「ひょっこりひょうたん島」のようにアッパークラスの物件が1棟あっても需要が全くあるはずがありません。業者は将来的に多くの外資系企業や工業が誘致されて街が大きく開発されると見込んでいたようですが。。

 

東南アジアの不動産投資を煽る時に「将来こうなる・ああなるから価値が上がる」というのは業者がよく使うセールス手法であり実際にそうなる可能性は限りなく低いというのを頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

業者の言葉を鵜呑みにして物件を購入し、将来的にそうならなかった場合でもそれは業者の言葉を信じて購入を決断した貴方自身の責任です。日本でのインフラ整備とは訳が違い、東南アジアでは予定や計画がコロコロ変わるので十分注意しておきましょう。

 

JACKもこれまで何件か海外不動産を売買してきましたが、一つだけ言える事は

「日本国内でセミナーをして投資を勧誘している業者から投資不動産は買うべきでない」

 

と思います。基本的に物件価格が高すぎですし、「将来ああなる・こうなる」トークを聞かされてその気になってしまう可能性があるので行かない方がいいですね。

 

JACKもいま現在海外不動産購入を検討していますが、直接現地のサイトにアクセスして色々調べています。日本人が対応してくれる会社もあり、基本日本国内でセミナー活動は行っていない会社とやり取りをするようにしています。

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い