オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外不動産投資はいまは止めておいた方がいいと思いますよ

2

海外不動産投資についての相談もよく頂くのですが、JACKは現在海外不動産投資は一切やっていません。数年前までインドネシア、フィリピン、タイに賃貸用のコンドミニアムを所有していましたが、色々問題もあって悩んでいた時にアベノミクスで円安になったのでそのタイミングで全部売りました。

 

正直海外不動産投資はリスクが高く、色々後でトラブルもあるのでお勧めしません。そもそも日本人向けにアナウンスされている物件(コンドミニアムや戸建て)は価格が割高です。割安で価値の高い物件は現地投資家がすぐに買漁るので、日本人向けに案内されている物件はほぼ全て割高で販売されているんです。

 

そういう物件を何も知らない日本人投資家がちょっと現地視察して気が緩み、その気になってすぐ買ってしまうんですね。

 

「物件の前に駅ができる予定だ」「将来は高速道路が近くにできて日系企業や工場もたくさん誘致する予定だ」と販売会社も必死になってセールスしていますが、JACKの経験上本当にそうなったケースはほとんどありません。新興国とはそんなもので計画倒れは当たり前の世界ですので、「将来◯◯ができる予定」というのは鵜呑みにしない方がいいでしょう。

 

JACKが当時海外不動産投資に手を出したのは「円高」だったからです。1ドル95円以下の水準になればまた海外不動産を購入しても良いと思っていますが、110円以上の円安ではお得感がなくリスクを考えると買う価値がないと思っています。

 

カンボジアやフィリピンではランドバンキングと称した原野商法も横行しているようで、日本人が多数被害に遭っています。賃貸用のコンドミニアムも最初に聞いていた利回りとはかけ離れたマイナスで毎月多額の持ち出しが発生しているいうのもザラですし、気づいた時は後の祭りで売却しようにも買い手が付かず、不良債権化してしまう恐れも高いですよ。

 

何かあった時に自分の力で対処できない投資はすべきではありません。待っていればチャンスは必ずやってくるので海外不動産投資のタイミングが来ればここでもお知らせしますね。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い