オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフショア生保プロバイダーは何を基準に選ぶべきか②

original

前々回の記事の続き

 

オフショア生命保険会社が提供する金融商品に興味はあるけれど一体どのプロバイダーを選べば良いのか頭を悩ませている方は多いと思います。

 

JACKがこれから契約するのであれば何を基準に選ぶのか?

 

それは支払手数料商品の柔軟性ですね。

 

前々回の説明でオフショア生命保険会社が契約途中に倒産した際は時価総額100%で保護されるという話をしました。これで私たちが最も危惧するリスクは解消されたので、次に考えるべき事はいかにして資産が効率よく増えてくれるかの一点に尽きると思います。

 

となると支払手数料の差はこれに大きく関係してきます。JACKなら支払手数料が最も安い保険会社を選びます

 

誰しも最初に契約する時は「満期まで積立を頑張るぞ」と強い決意を持って始めると思いますが初期口座期間が終わっていつでも停止や減額ができるようになると、急な資金需要があったりキャッシュフローが悪化したりすると停止してしまう事もあるかもしれません。積立停止中は支払手数料負担が増える保険会社もありますので、最低限支払手数料についての知識は頭に入れてから契約した方がいいでしょう。

 

次に商品の柔軟性や利便性ですが、日本で契約は可能かもしもの時にプランの途中譲渡は可能かどうか自分に万一の事があった場合に受取人がプランを継続できるかクレジットカードは全種類使えて手数料は無料かなどをチェックします。

 

これらを総合的に見ると現在契約できる商品の中ではI社が最も勝っていると言えます。だから私も契約している訳ですけどね^^

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い