フレンズプロビデントCRと101の違いについて多くの質問を頂戴しております

フレンズプロビデント積立プラン途中譲渡のアナウンスをして以降、CR型と101型はどう違うのかどちらが良いのかという質問を多く頂戴しております。

 

現在募集しているフレンズプロビデント譲渡案件のうち101型は1件のみで残り4件は全てCR型です。

 

101型の商品特性としては契約者死亡時に資産時価総額の1%が死亡保険として付与されます。つまり101型は保険商品の性質も備わっていますので、投資商品でありながら「保険商品」とも呼べる訳です。

 

対してCR型は契約者死亡時に死亡保険付与はありません。事前に信託設定をしておけば契約者が死亡した場合においても受託者がプランを引き継ぐ事もできますのでこれは保険商品ではなく「投資商品」という事になります。

 

また満期時の扱いについても違いがあります。

 

101型はプラン満期を迎えても資産をそのまま置いておく事ができ更に継続運用する事ができます。この場合には保険会社からの手数料(フレンズプロビデントの場合は年6%)は徴収されません。

 

対してCR型は満期時には一括して満期金が償還されます。継続運用はできません。

 

パッと見、101型の方がメリットがあるようにも見えますが譲渡プランとして101型はほとんど入ってきません。CR型でもフレンズプロビデントの証券を持っているという大きな利点があり他の保険会社の商品と比べても大きな優位性がありますし、受け入れ先IFAが最も多いのもフレンズプロビデントです。

 

オフショア金融商品とは全く関係の無いパナマ文書問題が良くも悪くも盛り上がっている事で今後これらの商品契約にも影響が出てくるかもしれません。日本の保険商品の常識で考えて、プランを第三者に譲渡できるという事自体が異質ですので今後何らかの制限があるかもしれません。

 

少なくともRL360を新規契約するならフレンズプロビデント譲渡プランの方がメリットが大きいと個人的には思っています。JACKが今から何かの積立プランを契約するのであればフレンズプロビデントCR途中譲渡プランを安価で購入すると思いますね。

 

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



 COMMENT

関連記事

オフショア生保積立プランの譲渡希望者からたくさん連絡は頂きますが

NO IMAGE

オフショア生保積立の途中譲渡でよくある質問をまとめました

オフショア長期積立は初期口座期間中でもそれまで積立てたお金を放棄する事で解約でき...

NO IMAGE

オフショア生保積立を契約した直後であれば損切りして解約という方法もある

IFAの運用実績は過去の実績でしかない。大事なのは現在と未来。

フレンズプロビデント積立プラン途中譲渡案件は全て終了しました