海外積立投資の契約書にサインした以上は自己責任です

オフショア投資、海外積立投資

 

週末になると、全国各地でセミナーが開催され、

理解せぬまま、契約書にサインしている情報弱者が大勢います

 

 

 

契約直後にキャンセルすればクーリングオフも適用されますが、

 

数ヶ月〜1年以上経った後は、

それまでに支払ったお金は諦めて解約するしかありません。

 

 

 

泣いても喚いても文句を言っても、お金は返ってきません。

 

それがルールだからです。

 

 

ルールなんて知らない!は通用しません。

 

 

 

自分でも調べる時間はあったでしょうし、

それらも踏まえた上で、契約書にサインしてるのは自分自身です。

 

 

1人の大人であれば、契約の重みは分かりますよね?

 

 

 

紹介者の説明不足であったとしても、

言った言わないの水掛け論になるのが見えています。

 

 

契約した以上は自分の責任なんですよ。

 

不動産契約と同じです。

 

 

 

相談者

相談者
海外長期積立の途中解約手数料が高すぎて納得できない

 

という相談をよく頂戴しますが、

納得云々ではなく、それがルールなので従うしかありません

 

 

この点は明確にしておいてください。

 

 

 

関連記事

商品もサービスも余裕のある人から買う方がいい

悪質なIFAや紹介者のトーク集更新と個別相談ページ新設

オフショア長期積立は外貨資産形成手段として有効

オフショア生保プロバイダーは何を基準に選ぶべきか②

フレンズプロビデント101型途中譲渡案件は終了しました

I社のプランはIFAを変えて継続