老後に必要な2000万円は海外積立で作りましょう!という勧誘に注意

国会で物議になっているこの話題・・

 

老後の余裕資金は2000万円くらいあった方がいいのは当然ですが、

発言した麻生大臣が非難されてる理由がよく分かりません。

 

 

いま55歳の人が、

あと5年で2000万円貯めろというのは無理ゲーですが・・

 

30代、40代の人はそれほど難しい話でもないですよ。

 

読者さん

読者さん
JACKさん!2000万円もどうやって作るんですか?

 

そんな声が聞こえてきそうです。

 

 

もっとも近道なのは、

本業以外に複数の副業を持つこと

 

 

 

読者さん

読者さん
そんなこと言われても副業は難しい!

 

と最初から諦めたら終わりですが、

 

全員が稼げるというものでもないのも事実。

 

 

そんな人には積立型投資が有効です。

 

積立でコツコツ15年程度支払って、

60歳〜65歳を満期にプラン設計してみてはどうでしょう。

 

オフショア積立投資の勧誘には注意!

積立でコツコツ15年程度支払って・・というのは

  • RL360(ロイヤルロンドン)
  • メティス

 

など海外積立(オフショア積立)の話ではありません

 

 

これらオフショア積立というのは、

勧誘者が、年利8%以上で運用などと断定的な話をします。

 

 

オフショア積立というのは、

運用管理するIFAの運用成績に左右される商品。

 

 

運用が良ければ+10%も期待できますが、

悪い時は-10%もある。

 

JACKが2012年に契約した某オフショア積立は、

これまでの平均年利2%台ですよ笑

 

 

基本的に、RL360もメティスにしても、

安定して年8%以上で運用できる商品ではなく、

 

「年8%以上で運用できたらいいね」

 

というレベルの話です。

 

これでは、堅実な資産形成商品とは言えません。

 

 

契約前に見せてもらったシミュレーション通りにはならない

と100%自信を持って言えます。

 

 

JACKも最初は、年利10%以上という淡い期待を抱いてましたが、

いまは気持ちを切り替えて、別の目的で継続しています。

 

 

他の選択肢で老後の資産形成について目処が立ちましたし、

 

今後もサロンメンバーと情報共有しながら

常にベストな判断をしていきたいと思います。

 

 

最近この「老後2000万円問題」を材料にして、

海外積立ブローカーがカモを探しているのでお気をつけください。

 

マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



関連記事

オフショア積立の運用利回り表を定期的に送ってこないIFAは不親切

オフショア長期積立のIFA移管は運用成績で決めるべきではない

高いレベルで質の高い情報を複数仕入れてシェア

フレンズプロビデントCR途中譲渡案件が1つ追加。これから新規契約する人は途中譲渡...

NO IMAGE

オフショア生保積立の8月運用利回りは全面的にマイナス覚悟

オフショア長期積立の先月の運用利回りもプラスでした。このペースでいけば今年は10...