オフショア金融商品や長期積立だけではありません。短期積立や元本確保型確定利回り商品などもあります

自称金融のプロ(実際は詐欺師か悪徳紹介者)達は金融セミナーや海外ツアーを開いてはオフショア長期積立商品をバカの一つ覚えのように紹介しています。

 

「契約期間はなるべく長く」「最初の2年間の積立金はボーナスが付くのでできるだけ多く」が彼らの常套句というのは、ここで何度も言ってきた事なので賢い投資家の方は理解されているかと思います。

 

オフショア金融商品というのは何も長期積立だけではなく、5年程度の短期積立商品や元本確保型商品、確定利回り型商品や死亡保障付き養老型商品などバライティー豊かに揃っているので、契約者のライフプランやニーズ、キャッシュフローに応じてそれに合った商品を選ぶ事をお勧めします

 

例えば年齢が50歳を超えている方でしたら15年程度の元本確保型の方が好まれますし、若い方で小さな子供がいらっしゃる場合は死亡保障付きの養老年金プランをお勧めします。

 

何でもかんでも長期積立というのは間違っていますので、オフショア金融商品を紹介された際にはまず自分のニーズやライフプランを明確に伝えた上で最適なプランの話を聞くようにしましょう。

 

選択肢を長期積立商品一択しか与えてくれない紹介者は悪徳と思って間違いありません。

 

ここ最近も長期積立商品を不利な条件で契約させられたという話をよく聞きますので、皆さん一人一人が最低限の知識武装、情報武装しておきましょうね。

マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



 COMMENT

関連記事

再々注意喚起!オフショア生保積立で最初の2年だけ高額を積み立てると確実に失敗しま...

トランプフィーバーで株価上昇!円安も進んでオフショア長期積立の支払額は増えますが...

途中譲渡案件を購入する上でのデメリットや注意点

日本国内では契約できない金融商品も面白そうなので検討中

FPからオフショア積立を紹介されても信用しない方がいいかもしれない

フレンズプロビデント101とCR積立プランの解約相談が増えています