オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフショア積立を契約後すぐにキャンセルする場合に効果的な方法

最近ブログ読者の方から同じような質問をよく頂きますが、オフショア積立(特にRL360)を紹介者から虚偽の説明を受けて契約し、その後自分で色々調べたら聞いていた内容と違う事が分かったのですぐに解約したいという方が結構いらっしゃいます。

 

このような質問をされる方は現在の所100%の確率でRL360(旧ロイヤルロンドン)を契約しています。それほど日本国内でRL360を紹介している人間は悪徳が多いという事でしょう。

 

オフショア金融商品にはクーリングオフが適用されません。契約後すぐに解約されると紹介者へのコミッションが入らないどころかIFAからの評価も落ちますので、解約の件を紹介者に相談してもまともには取り合ってくれないでしょう。

 

ですので、まずは紹介者をすっ飛ばしてIFAに直接連絡して解約の意思表示をして下さい。その際に紹介者の名前や虚偽の説明を受けた事を伝えるのをお忘れなく。

 

IFAが解約を処理してくれたとしても、タイムラグの問題で積立金がクレジットカードから引き落とされてしまう事があります。この場合は解約処理をしていたとしても一度引き落とされた積立金は後で戻ってきません。非常に勿体ない事になりますので、登録のクレジットカードを解約もしくは紛失扱いにしてカード番号を変えて再発行してもらいましょう。

 

カード紛失再発行の場合、クレジットカード番号は変わりますがカード会社によっては以前のカードで自動引き落としされていた決済がそのまま新しいカードにも自動的に適用されて自動決済されてしまう事がありますので事前にカード会社へ確認お願いします。

 

新しいカードでも自動決済されてしまう場合は、クレジットカード解約しか方法がありません。諸々面倒な点も多いかと思いますが、1ヶ月分の積立金をドブに捨てるかクレジットカード解約のどちらかをお選び下さい。

 

IFAへの直接の連絡方法を知らない、紹介者が教えてくれないという場合はクレジットカードの紛失、解約をすぐに進めてください。積立金の引き落としを止めておけば自動的に解約となります。

 

JACKの本音は契約後すぐの解約はお勧めしていません。ですが紹介者から虚偽の説明を受けて不利な契約をしてしまうと資産が増えるどころか手数料でどんどん吸い取られてしまうので、早めに手を打っておいた方がいいでしょう。悪徳紹介者のコミッションの為に善良な契約者が喰い物にされるというのは本当に腹が立ちます。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い