オフショア長期積立はどんな状況でもコツコツ続ける

新型コロナの影響で世界中の金融市場が揺れています。

 

株式も、社債も、ゴールドも、仮想通貨も総崩れ状態

 

 

投資信託やNISA、ロボアドバイザーも含み損という状態の方ばかりでしょう。

 

 

まとめ買い(一時払い)した投資商品は、損切りするか放置するかですが、

 

 

毎月積立で購入している

 

  • オフショア長期積立商品
  • つみたてNISA
  • 投資信託

 

などは、金融情勢の良し悪しに関係なく続けていきましょう

 

 

コツコツ投資というのは、

いま資産が無い人でもできる資産形成の王道です。

 

 

ドルコスト平均法という言葉を今更説明する必要はないですね。

知らない人は、Google検索して調べてください。

 

 

長期的に伸びる市場をドルコスト平均法で買っていくことが、

誰にでもできる資産形成法

 

 

それはオフショア長期積立でも同じことであり、

 

・フレンズプロビデント

・スタンダードライフ

・RL360°(ロイヤルロンドン)

・ハンサード

・メティス

・インベスターズトラスト

 

これらの長期積立商品を契約している人は、積立金額を変えず、停止せず、減額もせずに支払終了まで続けてください

 

続けることで、長期積立商品の効果を最大限に発揮することができます。

 

 

最初の数年だけ積立して、停止するなんてことは最も愚かな選択なんですよ。

 

 

いま金融情勢が悪化して精神的にも辛いと思いますが、毎月積立でコツコツ買っているものだけは、そのまま続けるようにしましょう。

 

いずれ、その決断が正しかったというのが分かりますよ。

 

 

マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



関連記事

巷で開催されているマネーセミナーや投資セミナーにはロクなものがないので行かない方...

分散投資は資産を守る投資。でもそれだけでは物足りない。

こどもの教育資金積立を日本の某保険会社でシミュレーションしてみました

オフショア生保積立ラインナップに2商品が追加

NO IMAGE

JACKも最初はお金が無かった。それでもオフショア生保積立を契約した。

NO IMAGE

吹けば飛ぶような零細IFAと契約している人は将来の難民リスクが非常に高い