RL360(ロイヤルロンドン)積立と日本国内のNISAを比較

悪質な詐欺師がRL360(ロイヤルロンドン)積立の

勧誘活動を積極的に行っています。

 

そこで今回は、

 

RL360積立と日本国内で利用可能なNISA(少額投資非課税制度)を比較し、

その違いやメリット・デメリットについて詳しく解説します。

 

RL360(ロイヤルロンドン)積立とは?

RL360(ロイヤルロンドン)は、オフショア金融商品を提供する企業で、

その積立プランは高額な手数料やリスクの高い商品が多いとされています。

 

悪質な勧誘者は、これを「高利回り」として宣伝し、

多くの投資家を引き込んでいますが、実際には以下のような問題点があります。

 

高額な手数料:年間管理費や運用手数料が高く、長期的に見ると投資パフォーマンスが悪化する可能性があります。

流動性の低さ:一度契約すると、解約時に高額な手数料がかかり、資金の引き出しが困難です。

透明性の欠如:投資商品の詳細や運用方法が不透明で、リスクが高いものが多いです。

税の繰延:投資利益に対する税金は後回しにされるものの、将来的に支払う義務があります。

 

NISA(少額投資非課税制度)とは?

一方、日本国内で利用可能なNISAは、政府が提供する少額投資非課税制度で、

以下のような特徴があります。

 

税制優遇:NISA口座で得た利益は非課税となり、節税効果が高いです。

手数料の低さ:多くの金融機関で低コストの運用が可能です。

高い流動性:いつでも現金化が可能で、資金の流動性が高いです。

透明性の高い商品:投資信託や株式など、透明性の高い商品が揃っており、リスク管理がしやすいです。

 

RL360積立とNISAの比較

項目 RL360積立 NISA
手数料 高額な年間管理費、運用手数料 低コスト
流動性 低い(解約手数料が高額) 高い(いつでも現金化可能)
税制優遇 税の繰延(将来支払う義務あり) 非課税(免税)
投資商品 不透明でリスクが高い商品が多い 透明性が高く、リスク管理がしやすい商品
勧誘のリスク 高(悪質な勧誘者が多い) 低(金融機関の信頼性が高い)

 

まとめ

RL360(ロイヤルロンドン)積立は、

 

高額な手数料や流動性の低さ、透明性の欠如、そして税の繰延による

将来の支払義務など、多くのリスクを伴います。

 

 

一方、NISAは低コストで非課税という税制優遇があり、

透明性の高い商品を選択できるため、より安心して投資を行うことができます。

 

 

投資を検討する際には、リスクを十分に理解し、

信頼できる金融機関や制度を選ぶことが重要です。

 

RL360のような高リスクな商品に惑わされず、堅実な投資を心がけましょう。

 


参考リンク

 

関連記事

フレンズプロビデントの親会社がアビバグループからRL360へ変更!?

RL360°(ロイヤルロンドン)の長期積立を契約しても1億円の資産形成はできない...

RL360積立を身内(悪徳紹介者)から勧誘された

オフショア長期積立の資産残高が年々減っているので困っているという方からの相談が増...

オフショア長期積立の運用利回りはプラスのはずなのに資産が増えている気がしない

NO IMAGE

ロイヤルロンドン(RL360)の積立プラン途中譲渡はできません