オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年金なんて最初から無いと思って自分で年金を作った方がいいという話

9f477c70

株価の下落が続いている中、年金積立金を運用しているGPIFの運用損も拡大しているようです。

 

安倍政権になってからGPIFが株式に投資する比率を高めた事でボラティリティーも上がり今回のような株安になると私たちの年金資金が一気に溶けてしまうというリスクが露呈されました。

 

安倍総理は国会で「運用損が続くようであれば年金減額もあり得る」とキッパリ答えました。当然の事です。

 

GPIFが運用でどうしようと年金制度は既に崩壊しており、いま50歳未満の方は今後受給額が減ったり受給開始年齢が引き上げられると思って早いうちから自分で自分の年金作りに励んだ方が良いと思います。

 

受給額は67歳からという議論が水面下で始まっているようですし、いづれ70歳からとなる日も来るでしょう。そうなった場合、60歳で会社を退職しても年金を貰うまであと10年も働く必要があり、夫婦2人で質素な生活をしても月17万円はかかるでしょうから10年で約2000万円の貯金をしておく必要があります。

 

公務員などで手厚い退職金がある方は賄えるでしょうが、住宅ローンや教育費などを抱えた大半の方は退職までに現預金2000万円を貯めるという事は難しいのではないでしょうか。

 

60歳過ぎたら夫婦でのんびり旅行でも行きたい、自分の趣味を思いっきり満喫したい、孫と一緒に買い物に行きたい・・・と色々考えていてもお金が無い事には何一つ叶えられません。老後を思いっきり満喫したいというなら夫婦2人で月30万円くらいは必要だと思います。となると現預金は3600万円ほど必要になり更にハードルが上がります。

 

早くセミリタイアしたい。老後を満喫したいというのであれば方法は2つしかありません。

 

・早いうちから自分年金を形成し続けること

・自分の腕で稼げる副業を持つということです。

 

JACKは29歳からオフショア積立を始めてコツコツ資産を形成していますし、本業と副業と株取引で多くの収入源を確立しつつあります。

 

ぜひ多くの方にJACKが実際に実践して上手くいっている方法や手法をお伝えしたいと思っています。

 

コアメンバーへは専用記事で日々お伝えしていますが、将来の年金の為や老後の豊かな生活を確保する為に行動は早めにされる事をお勧めしますよ。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い