途中譲渡案件を購入する上でのデメリットや注意点

フレンズプロビデント積立プラン譲渡案件につきましては多くのお問い合わせを頂き有難うございます。

 

お問い合わせの中で最も多い質問が、タイトルにもありますように

 

譲渡案件を購入する上でデメリットや注意点はありますか?

 

という内容です。

 

これに対し、JACKがお答えしている回答は、

 

「譲渡案件を購入するデメリットは正直思いつきませんが、注意点としましては購入後(名義変更後)に支払われる予定の毎月の積立金と、前名義人が初期口座期間中に積み立てていた毎月の積立金の差があまり大きくない方が良い」とお答えしています。

 

例えば前名義人の方が初期口座期間中に月2,000ドル支払っていたが、名義変更後は月200ドルで再開する予定というケースでは、貯蓄口座の資産形成が遅く、初期口座内の手数料負担割合が高くなりますのでお勧めしません。最低でも前名義人の積立金の50%以上は欲しい所ですね。

 

現在の時価総額資産よりも安価で購入できるというだけで譲渡案件は大きなメリットがあり、そこに係るデメリットは無いというのがJACKの考えです。

 

もちろん売り側にとっても、解約するよりも多くのお金が手元に残るというメリットがありますので、双方WinWinという形になります。JACKはWinWinが大好きで片方が損をするという取引や関係性が大嫌いです。

 

JACKのように既に3本も4本もオフショア積立商品を契約されている方はそれ以上は不要でしょうが、これから1本目2本目を契約したいという方にとっては途中譲渡案件というのも選択肢の一つに加えても良いかと思っています。

 COMMENT

関連記事

長期積立商品以外を契約する場合は代理店の運用成績は関係ない。カスタマーサポート体...

悪質なIFAや紹介者のトーク集更新と個別相談ページ新設

フレンズプロビデント譲渡案件は全て終了しました

フレンズプロビデントCR型途中譲渡案件が更に追加。お勧め書籍の紹介。

堅実な売上収入や投資からの配当を別の投資の支払いに回す。これこそが究極の複合投資...

オフショア長期積立を2,3年で是非の判断するべきではない