海外投資で損益通算・繰越控除はできない

進行する円安でオフショア積立の支払いができず、

解約手続きを進めている人がたくさんいます。

 

 

途中解約した場合は、高い解約手数料を徴収されますので、

自分が支払ったお金に対して、利益が出ている人は皆無でしょう。

 

 

つまりは、投資で「損失」を出したということですね。

 

 

 

読者やフォロワーからよく、

「オフショア積立の解約をした場合の確定申告はどうすればいいですか」

という相談を頂くのですが、

 

そもそも論で、利益が出ているのなら申告して納税が必要ですが、

大損して終了してるのですから、その必要はないでしょう。

 

 

 

損失でも申告すれば、控除や損益通算があるから・・

と勘違いしてる人も多いですが、

 

海外投資(保険・金融商品)では

繰越控除も損益通算もできません!

 

 

納得できないなら、

最寄りの税務署に行って職員に聞いてみてください。

 

 

 

間違ってもこの件で、

行政書士や税理士にお金を払って依頼しないように。

 

 

簡単な税金の相談や、申告書の書き方指南は

税務署職員が無料で教えてくれます。

 

 

海外投資・オフショア長期積立を解約して損がでたのであれば、

確定申告などしても意味がないので、不要だと覚えておきましょう。

 

 

マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



関連記事

お客様からの問い合わせに対して何の返事もしない正規IFAもいるようです

JACKの年金に対する考え方

香港口座開設ツアーや投資ツアーに参加する方達は主催者からカモられないようにご注意...

フレンズプロビデント101型積立の途中譲渡案件が入りました

必要以上の貯金があればそれは投資に回すべき

フレンズプロビデント譲渡案件①の終了とサンライフ、エイジアスプラン譲渡について