オフショア金融商品の契約にもマイナンバー告知が義務化

今年からオフショア金融商品の契約の際にはマイナンバーの告知が必須になったようです。

 

IDや証明書の提出は必要なく、単にマイナンバーを伝えれば事足ります。

 

マイナンバーについてはJACKの考え等を先日コアメンバーにはお伝えしましたが、遂にオフショア金融商品にも告知が義務化されるという事でその重要性を強く感じています。

 

今回の方針は日本の金融当局が決めた訳ではなく、あくまで保険会社の決定です。マイナンバー自体は世界ではスタンダードな事であり日本の開始が遅かっただけですので、ようやく日本も世界のスタンダードに追いついたので、それならマイナンバーを提出してもらおうかという理由から来ているのだと推測します。

 

よって今後オフショア金融商品を契約しても、都度情報が日本側に漏れるという事ではありません。マイナンバー情報を保険会社が管理するだけで情報が金融当局に筒抜けになる訳ではないので安心頂ければと思います。

 

去年までに契約を済ませた方に対しては「いまの所」マイナンバー提示を求められる事はないようです。

 

また「今の所」フレンズプロビデントの譲渡案件に関しては購入者のマイナンバー提示が不要のようですので、現在募集している譲渡案件に興味がある方は早めにご一報下さい。

 

マイナンバーは今後様々なケースで使う事になるのでしっかり覚えておくか、携帯に書き留めておいて下さいね。

マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



 COMMENT

関連記事

オフショア金融商品の証券はきちんと管理・保管していますか

無駄に契約している日本国内の保険を見直しすることから始めよう

HSBC香港のお金を国内のATMで引き出せば金融庁にはバレないというのは大嘘です...

NO IMAGE

最初だけ積み立てて後は放置しましょうという紹介者はその時点で悪徳認定

知れば知るほど海外保険商品の虜

積立金の一時停止は再開時期を最初に決めないと受付できないと言うIFAに要注意