オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフショア金融商品の契約にもマイナンバー告知が義務化

mainatop

今年からオフショア金融商品の契約の際にはマイナンバーの告知が必須になったようです。

 

IDや証明書の提出は必要なく、単にマイナンバーを伝えれば事足ります。

 

マイナンバーについてはJACKの考え等を先日コアメンバーにはお伝えしましたが、遂にオフショア金融商品にも告知が義務化されるという事でその重要性を強く感じています。

 

今回の方針は日本の金融当局が決めた訳ではなく、あくまで保険会社の決定です。マイナンバー自体は世界ではスタンダードな事であり日本の開始が遅かっただけですので、ようやく日本も世界のスタンダードに追いついたので、それならマイナンバーを提出してもらおうかという理由から来ているのだと推測します。

 

よって今後オフショア金融商品を契約しても、都度情報が日本側に漏れるという事ではありません。マイナンバー情報を保険会社が管理するだけで情報が金融当局に筒抜けになる訳ではないので安心頂ければと思います。

 

去年までに契約を済ませた方に対しては「いまの所」マイナンバー提示を求められる事はないようです。

 

また「今の所」フレンズプロビデントの譲渡案件に関しては購入者のマイナンバー提示が不要のようですので、現在募集している譲渡案件に興味がある方は早めにご一報下さい。

 

マイナンバーは今後様々なケースで使う事になるのでしっかり覚えておくか、携帯に書き留めておいて下さいね。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い