オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフショア積立のIFAを移管する事に関しての注意事項と認識

P,tramtopP60902361

オフショア積立のIFA移管に関しては去年から実に多くの問い合わせを頂戴しております。

 

実際に去年だけで20名以上の方のIFA移管のお手伝いをしてきましたが、なぜJACKにとって1円もお金にならない事をそんなに熱心にするのかIFAも驚いているようです。

 

確かにIFA移管はJACKにとって全くお金になりませんが、そこからの繋がりによってその先どんなご縁があるか分かりません。目先の利益は全く考えておらず、JACKは本業で稼ぎは十分賄えているからこそ、投資に関しては困っている人がいれば出来るだけサポートしてあげたいと思っています。

 

運用成績が余りにも悪い、メールや電話の返事が遅い、態度が悪いなど今のIFAに不満や悩みを抱えている方がいらっしゃればいつでも相談して下さい。

 

1社だけでなく複数社紹介できますので、その方のニーズにあったIFAを紹介させて頂きます。

 

また保険会社によってIFA移管できる商品とできない商品があります。

 

例えばフレンズプロビデントやスタンダードライフなどは受け入れ先IFAの数も多いので複数社から選択できますが、RL360やインベスターズトラストは受け入れ先IFAが少ないのであまり選択肢がありません。

 

基本的にIFAを移管すると、移管元には戻りにくいと思っておいた方が良いでしょう。例えば受け入れ先IFAが3社しかない場合、2回移管するともうそれ以上は移管できず、自主管理(一任勘定しない)するしか選択肢がなくなります。

 

RL360やインベスターズトラストの積立商品を契約している方は、余程の事がない限りは移管を考えなくて良いと思います。

 

移管に関して何か手数料が発生するのではないかと心配されている方もいらっしゃるようですが、ご安心ください。移管先のIFAも勿論JACKも手数料は一切頂きません。(香港の某正規IFAはポートフォリオ構成手数料と称して移管の際に4万円ほど徴収するようですが)

 

IFA移管は契約者の当然の権利であり、移管元に遠慮する事なく、そこに係る費用は一切発生しないと認識しておいて下さい。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い