円建てができるオフショア積立商品なら円建てを選ぶのがベター

オフショア積立商品は最初に積立する通貨を選択します。

 

ほとんどの方は米ドルを選択していると思いますが(JACKもそうです)、商品によっては日本円を選択できるものもあります。

 

積立通貨を日本円で選択すると、毎月の支払額が固定されますので日本円で収入があって日本で生活している人にとっては日本円が最もベターな選択です。

 

例えばJACKが積立を始めた時は1ドル90円くらいでしたので、500ドルの積立で日本円負担は45,000円ですが今は120円ですので60,000円です。今後130円になれば65,000円になりますしそれ以上になると積立を継続できない人が多発すると思います。

 

現に去年からの円安の影響で支払額が増加し積立をストップする人がかなりいらっしゃいます。

 

一方で通貨を日本円にした人は、今後どれだけ円安が進んでも最初に決めた金額を満期まで払い続ければ良いだけなので為替変動を気にする必要がありません

 

支払通貨で日本円が選択できるなら日本円でいいと思います。日本円の次は米ドルでしょう。

 

勘違いしてはいけないのは米ドルを選択して円安になり日本円で支払額が増えたとしても、負担が増えるだけで損はしていません。円建ては毎月50,000円、ドル建ては毎月75,000円貯金をしているというだけで投資元本はドル建ての方が多くなります。

 

唯一円建てで支払えるオフショア積立商品はRL360°(旧ロイヤルロンドン)ですが、JACKはこの商品の事をあまり良く思ってないので契約していません。円建てで支払えるというのは大きな魅力ですが、その反面で他の商品と比べると見劣りする点が多いので個人的にはお勧めしていません。

 

ドル建てで契約して円安になり支払負担額が増えれば、積立金減額でも対応できます。

マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



 COMMENT

関連記事

想定通りアメリカ利上げ決定で円安進行中。HSBC香港口座開設が来年から更に厳しく...

ハイパーインフレや国家破綻は僕らが生きてる間は起こりませんので悪徳紹介者に騙され...

堅実な売上収入や投資からの配当を別の投資の支払いに回す。これこそが究極の複合投資...

フレンズプロビデント譲渡案件①の終了とサンライフ、エイジアスプラン譲渡について

NO IMAGE

オフショア生保積立の8月運用利回りは全面的にマイナス覚悟

オフショア生保積立の商品タイプが101の場合のみ満期後も継続運用できます