I社のプランは他のIFAに移管できるのか?

ケイマン籍のオフショアI社から販売されている各商品を契約している方が、

いまのIFAから、他のIFAにプランを移管したいと思った時にできるのかどうか。

 

答えはケースバイケースです。

 

 

長期積立プランの場合は、移管できる可能性が高く

 

積立を継続していて、移管後も継続すること

移管後に譲渡や解約、一部引き出し等をしないこと

 

を条件に受け入れてくれる先が見つかるでしょう。

 

IFA移管だけというのは、受入先からするとあまり旨味はないので積極的ではありません。

 

ましてや移管後に譲渡するとか、積立しないという方のプランは要りません。

 

 

S&P500の場合は、

IFAがプラン運用しているわけではないので移管は難しいでしょう。

 

 

IFAと強固なコネクションがある人にお願いし、

他のプランを新規で契約する代わりに移管受入れというなら可能性があるかもしれません。

 

 

その他、保険会社がプラン運用する「確定利回り一括型商品」等も同様です。

 

『I社の場合』

長期積立→移管できる可能性高い

S&P500・確定利回り一括型・その他→単体で移管できる可能性は極めて低い

と覚えておいてください。

 

 

どちらにしても、紹介者は契約後に何のサポートもしてくれないことが多いので、

 

必ずIFAの連絡先だけは聞いておいて、

周りに同じ商品を契約している仲間がいれば

 

他のIFA情報も教えてもらいながら、ベストな選択をしてくださいね。

 

 

IFAってなに?

という状態だけは危険なので早めに解決しておきましょう!

 

 

マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



関連記事

オフショア長期積立はどんな状況でもコツコツ続ける

不利な条件でオフショア長期積立を契約したのであれば数ヶ月の積立金は捨ててでも解約...

無理のない金額であればオフショア積立は継続すべき

RL360解約の際に解約代行サービスに依頼する必要なし!誰でも無料で解約可能

お金の相談をFPに持ちかけるとお客様にとって不利な海外積立を紹介されるケースが多...

Skype相談もメール相談もたくさん頂いてますが対処が遅れてすみません