オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

積立金の一時停止は再開時期を最初に決めないと受付できないと言うIFAに要注意

1

様々な理由でオフショア生保積立の積立金を一時停止したいという方もいらっしゃるかと思いますが、契約しているIFAにその旨申し出ると、「再開時期はいつですか?再開時期を最初に決めないと一時停止の受付はできません」という事を言われたと、これまで多くの方から問い合わせがありました。

まず再開時期については事前に決める必要はありません。積立停止も再開も契約者が自由に決めれるわけで、運用で不利にはなりますがそのまま満期まで積立を再開しないという選択もできます。

IFAは積立を一時停止されると自分たちに入ってくるマネジメントフィーに影響するので、悪質なIFAになるとあの手この手で積立を停止させないような言動をしてくるようですね。

再開時期を決めないと積立停止できないというのは嘘ですので、このような事を言われたら「別のIFAに相談してみます」「詳しい知人に聞いてみます」と言いましょう。自分たちの発言の嘘がバレるのを恐れてIFAは発言を訂正して受付てくれると思います。

でもそんな嘘を平気で言うIFAに自分の大事な資産を任せるのも不安なので移管も考えた方がいいですね。JACKなら間違いなく移管しますよ。

IFAにこんな事を言われたが本当だろうか?

紹介者にこんな事を言われたのだが本当だろうか?

こんな不安があればいつでもJACKにご相談ください。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い