オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーンヒルの商品を強引に紹介してくる紹介者にご注意ください

Cornhill-logo-center-POZ-RGB

ここ最近はコーンヒルの商品(Lifestyle)についても相談を頂くようになりました。JACKも名前くらいは知っていますが全く興味がない(契約する気がない)ので気にする事もありませんでしたが、読者の方から問い合わせが増えてきましたので自分なりにこの商品の事を少し調べてみました。

 

コーンヒルはルクセンブルク籍の保険会社です。フレンズプロビデントやRL360と比べると歴史は浅く創業してからまだ20年ほどしか経っていません。日本人に馴染みも薄く契約している人はあまり見かけません。ITAやRL360、サンライフやアジアスという選択肢がある中で敢えてコーンヒルを選ぶというメリットが何かあるのでしょうか。

 

手数料構造を確認しましたが、この商品のファンド購入時のスプレッドが毎月の積立金に対して4.9%もかかるようです。分かりやすく言うと10万円の積立をしても実際の積立金額は95.1%の95,100円になってしまうんですね。この手数料はフレンズプロビデントのプレミアやITAのエボリューションでは発生しません。

 

またクレジットカード手数料が毎月2.6%もかかりましてこれはどの保険会社よりも割高です。フレンズプロビデントが1%でITAは無料ですのでこの点も不利ですね。

 

そして何と言っても受入先IFAがほとんどありません。JACKの知ってる限り大手では1社のみです。移管したくでも出来ず万が一このIFAが無くなってしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。心配ですね。

 

総合的に判断してコーンヒルを敢えて契約するメリットは全くないという結論に至りました。何か1つでも他の商品にないメリットがあればと思ったのですが特に何もありません。現在日本国内でコーンヒル商品をセミナーでやたら紹介して契約させている悪質な紹介者やブローカー集団がいるようですが相手にしない事を強くお勧めします。

 

彼らがセミナーで言う事は口から出まかせばかりで、お客様の資産が増える事などは一切考えておらず自分に入ってくる報酬の事しか考えていません。決して信用する事のないようお気をつけください。

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い