オフショア長期積立の途中譲渡手続きはまずIFAに確認してから進めましょう

フレンズプロビデント、インベスターズトラスト、RL360・・・

 

『将来の自分年金作り』と思って契約した長期積立商品も

時間の経過と共に定期積立が困難になり、積立を停止する人が続出。

 

 

恐らくこれは契約時に商品を勧誘した人から、

 

  • 商品のメリットやリスク
  • 支払手数料
  • 運用利回り

 

について正しい情報を教えてもらってない事が一番の原因です。

 

 

これらの海外積立を勧誘している人は、ウワベだけのメリットや魅力だけを声高にアピールし、リスクや手数料などの説明を割愛する傾向があります。

 

嘘でも何でも言って契約して貰えばそれでOK、

単に紹介マージン目的ですからね。

 

 

「頑張って2年間は積立したけど今は新規積立を停止している」

 

という人はたくさんいると思いますが、満期まで放置する予定の人は、いま損切り解約しても満期時に受け取れるお金は大きく変わりません

 

積立再開の予定が無ければ解約を勧めますし、

第三者に譲渡ができるものは譲渡の可能性もお伝えしています。

 

解約よりも第三者への譲渡の方が手取りが多い

譲渡できれば解約よりも少し多いお金が手元に残りますが、

 

  1. 買主は自分で探す
  2. IFAが譲渡手続きに同意しない場合がある

 

という懸念点もあるので、すぐに処理したいのであれば解約が良いでしょう。

 

 

IFAが同意しないというのは実際にありました。

 

その際は、一旦別のIFAにプラン移管した後で譲渡手続きを進めるという技を使って解決に導いたこともあります。

 

 

自己中心的なIFAは、カネにならない手続きはやりたがらない傾向があるんですよ。

どこのIFAか名前は言いませんが・・(^◇^;)

 

今後みなさんが

 

自分の契約しているオフショア長期積立を解約したい

 

と思ったら、第三者への譲渡という選択肢も考えてみてください。

 

 

以前はブログ読者の方からの依頼でも買主を探したり、書類手続きのお手伝いもしてましたが・・

諸々の手間と時間を考えて今後はコアメンバー限定とさせて頂きます。

 

 

ただし、プラン譲渡や解約についての相談や質問だけであれば喜んでお受けしますので遠慮なく連絡してください。

 

 

自分のIFAがどこか分かりません。

IFAは日本にありますか?個人ですか?

 

という質問がたまにいますが、大事なお金を投じているのですから最低限のことくらいは知っておきましょう。

 

IFAがどこかも知らないなんて、リテラシーが低い以前の問題ですよ。

 

厳しい言い方をすると騙されて当然のような気がします。

 

 

積立停止している人は、周りの投資仲間や信頼できるアドバイザーがいれば相談してみてください。

 

その上でIFAに連絡し、解約か譲渡手続きを依頼してみましょう。

 

 

↓記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



関連記事

悪徳紹介者に間違った情報を教えられて契約した長期積立商品は初期口座期間に解約して...

某長期積立商品を不利な条件で契約されそうになっていた方からのリアルな声

こどもの教育資金積立を日本の某保険会社でシミュレーションしてみました

無知な人を騙して自分だけ儲けようとする無責任極まりない香港の金融ブローカー会社に...

IFAの紹介はしますが事前訪問や面談等の取り次ぎは今後ご遠慮させて頂きます

ハンサードの長期積立を継続している方っていらっしゃるのでしょうか?恐らくほとんど...