プレミアトラストの危険性:長期投資の落とし穴と破綻の真相

プレミアトラストというオフショア投資商品について警告したいと思います。

 

この商品は、RL360やメティス香港と同様に、

25年もの長期間にわたって支払いを求められるもので、

 

金をドブに捨てるようなリスクが高い商品です。

 

 

 

プレミアトラストも金融機関の一つですが、

過去に一度破綻した経験があります。

 

 

破綻の経緯は省略しますが、

 

一度破綻したことで契約者にとって非常に不利な契約内容となり、

新しいプランが再開されました。

 

 

契約する価値も、継続する価値もないと考えております。

 

 

プレミアトラストの破綻と再開

プレミアトラストはかつて破綻しました。

 

破綻の原因は、姉妹会社であるプレミアヘルスという医療保険会社の

計画的な破綻に起因しています。

 

 

この影響で、プレミアトラストも経営が困難になり、

最終的に破綻を余儀なくされました。

 

 

その後、プレミアトラストはプエルトリコに事業を移し、

新しいプランを再開しましたが、

 

このプランは契約者にとって非常に不利な内容なっています。

 

 

契約者への影響と新プランの問題点

新プランでは、これまでの投資がリセットされ、

再びゼロからのスタートを強いられることになりました。

 

 

例えば、元々15年の積立期間だったものが、

破綻後にはさらに15年間の積立が必要とされるなど、

 

契約者にとって非常に不利な条件が提示されています。

 

 

 

また、新プランへの移行を拒否した場合、

元本の大部分が失われる可能性がありました。

 

 

プレミアトラストの信頼性と過去の問題

プレミアトラストの経営陣は、過去にも数々の問題を抱えていました。

 

 

例えば、SECの調査によれば、

 

プレミアトラストの取締役が、顧客の資産を個人的な融資に使用していたこと

 

が発覚しました。

 

 

このような不正行為は、プレミアトラストの信頼性を著しく損なうものであり、

契約者にとって非常にリスクの高い投資商品であることを示しています。

 

 

プレミアトラストへの投資を避けるべき理由

以上の点を踏まえ、

プレミアトラストへの投資は非常にリスクが高いと言えます。

 

 

長期間にわたる積立が求められる上、

過去の破綻や不正行為によって信頼性が大きく揺らいでいるため、

 

安易に投資を行うことは避けるべきです。

 

 

また、他のオフショア投資商品についても、

同様のリスクが存在することを理解し、慎重に判断する必要があります。

 

 

早期解約のすすめ

もし、プレミアトラストのプランを契約している方がいらっしゃるならば、

1日でも早く解約することを強くお勧めします。

 

 

新プランへの移行や元本割れのリスクを考えると、早めの決断が賢明です。

 

 

破綻した過去を持つ金融機関に対して、長期的な信頼を置くのは非常に危険です。

 

 

 

プレミアトラストのようなリスクの高い投資商品に対しては、

過去の実績や金融機関の格付けをしっかりと確認し、

 

自分なりのリスク管理を徹底することが重要です。

 

 

今後の投資においても、今回の教訓を活かして、より安全な選択を心がけましょう。

 

 

 

関連記事

JACKが何故オフショア長期積立を契約しているのか

オフショア長期積立途中譲渡案件の現状と進捗について。フレンズプロビデント・ロイヤ...

フレンズプロビデント積立101型途中譲渡案件が更に一つ追加。101型2プラン、C...

長期積立商品以外を契約する場合は代理店の運用成績は関係ない。カスタマーサポート体...

IFAの紹介はしますが事前訪問や面談等の取り次ぎは今後ご遠慮させて頂きます

フレンズプロビデント101型途中譲渡案件は終了しました