年末にかけてHSBC香港口座開設希望の方が多いですね

HSBC香港口座開設を希望される方が年末にかけて多くなってきています。

急な方針転換も有り得るので開設できるうちに・・とお考えの方も多いようですが、オフショア生保積立とは違ってHSBC香港は急に口座開設不可という事にはならないでしょう。

ですが、今より高い英語能力を求められたりそういうハードルは徐々に上がると思います。むしろ上がるべきですね。

海外の銀行口座を持つのですから、「私は英語全くダメです」では何かあった時に対処できません。基本はネットバンキング上で解決できたり、外部サポートの力があればだいたいの事は解決しますが、JACKも過去に何度かあったように、不測の事態にはHSBC香港へ直接電話をかけて解決しないといけない事も発生します。

ですので、取りあえず今は英語がダメでも少しずつ勉強して何かあった場合でも自分で解決できるくらいにはスキルをあげておきましょう。

JACKも2009年から海外投資を始めて銀行口座も開設しましたが、英語の勉強を始めたのは2008年頃からで今でも継続してやってますので、日常会話には困らない程度までスキルが上がりました。行員との電話も特に問題ありません。

今の時点では外部サポート会社を通せば98%以上の確率で口座開設はできます。開設できた後にはネットバンキング上の英単語や定期的にHSBC香港から送られてくる郵便物に書かれてある文章の内容や英単語を調べて少しずつでも勉強していきましょう。

年末にかけて外部サポート会社を使ったHSBC香港口座開設希望者が増えています。希望日にサポート会社の予約が取りづらい状況になっていますのでお早めにご連絡下さいね。

マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



 COMMENT

関連記事

HSBC香港口座開設後の有料アフターサポートは必要かどうかについて

HSBC香港のお金を国内のATMで引き出せば金融庁にはバレないというのは大嘘です...

知人のHSBC香港口座が凍結、強制閉鎖されました

HSBC香港口座開設や維持に関する現在の状況について

HSBC香港の個人口座は今でも容易に開設できますが法人口座はほぼ不可能

海外銀行口座をたくさん持つ必要はない。管理が大変で維持するのも難しいので1つか2...