オフショア長期積立のIFA移管は運用成績で決めるべきではない

 

当ブログにもブログ読者から、IFA移管についての相談を頂くことがよくあります。

 

 

フレンズプロビデント・スタンダードライフ・RL360(ロイヤルロンドン)・インベスターズトラストなどの長期積立商品に関しては、プラン運用管理を任せているIFAを変更(移管)する事ができますが、

 

 

その移管理由が「運用成績が悪いから」というだけだと、移管しても期待はずれになるかもしれませんよ。

 

IFAの過去の運用実績は判断材料にならない

例えば皆さんが契約している長期積立商品の運用成績が、2年連続でマイナスだったとしましょう。

 

 

インベスターズトラストは他と比べて少し安いですが、フレンズプロビデント・スタンダードライフ・RL360(ロイヤルロンドン)の長期積立商品は、そもそもの支払手数料率が高いので、

 

IFAの運用成績がマイナスだと運用損と手数料損のダブルパンチで資産評価は大きく下がります。

 

 

2年連続でマイナス運用などけしからん!IFA移管したい!と思う気持ちは理解できます。

 

でも実際IFA移管した所で、移管先のIFAの運用が赤字続きということもあります。

 

 

過去5年間で10%以上のプラス運用だったから移管したのに、移管直後からマイナス運用続きだと目も当てれませんよね。

 

移管前のIFAが2年連続のマイナスから、その後3年連続のプラス運用になる可能性だってあります。

 

 

『腕の良いファンドマネージャーを雇った、引き抜かれた』なんてのは金融先進国では日常茶飯事なので、過去の運用利回り実績なんて当てにしない方がいいんです。

 

 

フレンズプロビデント・スタンダードライフ・RL360(ロイヤルロンドン)・インベスターズトラスト長期積立商品のここ数年の運用利回りは、どのIFAも似たり寄ったりで、このIFAが特に秀でているというのはありません。

 

 

プラス運用で終わってもベンチマーク以下、マイナス運用ならベンチマーク以上のマイナスを計上しているところがほとんどなので、正直それほど期待しない方がいいです。

 

 

「RL360(ロイヤルロンドン)を25年で契約すれば、将来はこのくらいの資産が築けます!」と紹介者やFPから聞かされ、

 

右肩上がりのエクセルグラフを見せられた上で、『これで将来の年金資産は安泰だ!』と勘違いしている人が大変多いのですが、

 

 

正直言って、自分が積み立てたお金がトントンかちょいプラスで戻って来れば御の字とシミュレーションしておいた方がいいですよ。

 

 

運用成績改善が目的でのIFA移管はお勧めしません。

 

IFA移管はカスタマーサポート不満か紹介者との縁切り

ではどういう目的ならIFA移管すべきなのか、JACKが考えるにそれは、

 

  1. カスタマーサポートが最低
  2. 紹介者と縁を切りたい

 

このいずれかだと思います。

 

 

カスタマーサポートとは、契約後のサポート体制ですね。

 

例えば、オフショア長期積立商品契約後、自宅住所の変更や運用スタイル変更を申し出るも、レスポンスが返ってくるのは1週間後とか、

 

意味不明な日本語で返信があるとか、誠意ある対応とはとても呼べないなどの声はよく聞こえてきます。

 

 

具体的にどのIFAか・・というのはここではお伝えできませんが、香港にあるIFAでもクレームの多い会社はありますし、本当に最低だな、クズだなと思えるIFAもあります。

 

 

契約者が心配になって連絡しているのに、その返答に1週間以上かかるなんて有り得ません。中にはIFAがどこか分かっていない契約者もいますから驚きます。

 

 

すぐに対応すべき事案が発生した場合、IFAにすぐに動いてもらったり手続きを進めてもらわなくてはなりません。

 

返答に1週間以上かかったり、誠意ある回答が得られない場合は手続きが進められず、契約者が不利益を受けることもあります。

 

 

カスタマーサポートが最低、そもそも自分のIFAがどこか分かっていないという人はIFA移管を検討すべきでしょう。

 

 

また、紹介者との縁を切りたいという相談もよくあります。

 

簡単に言うと、紹介者がここで注意喚起しているような悪徳人間だった、悪徳FPだったというケースですね。

 

 

悪徳紹介者やFPは契約者の事を喰い物としか考えていません。

 

オフショア長期積立を不利な条件で契約させた後に、投資ワンルームマンションを買わせたり、私募投資詐欺案件を契約させたりします。

 

 

新規契約させることだけに注力し、契約後のサポートは知らんぷりで誠意ある対応も期待できないので、こういう悪徳クズ人間と手を切る為にも、IFAを変更すべきだと思います。

 

 

今後フレンズプロビデント・スタンダードライフ・RL360(ロイヤルロンドン)・インベスターズトラスト長期積立商品のIFA移管を検討する人は、運用成績ではなくカスタマーサポート体制紹介者との縁切りを目的としましょう。

 

 

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



関連記事

絶対安心でリスクが無く手数料がかからない海外金融商品など無い。あったとすれば詐欺...

正しい知識と情報こそが資産形成において最も重要。常に人任せ、受け身の姿勢だけでは...

マイナンバーとオフショア金融商品についての続報

遂にドル円は115円超えへ。悪徳紹介者から長期積立商品を契約した人はターニングポ...

小豆島に限らず日本全国ほとんどの人が国内の金融商品を買って損をしている

オフショア積立のIFAを移管する事に関しての注意事項と認識