クレジットカード解約すればオフショア長期積立プランを強制解約できる?

オフショア積立解約について、よく頂く質問の中で

 

「クレジットカードを解約すれば

積立金支払をストップできますか?」

 

というものがあります。

 

 

契約時の紹介者に解約相談しても、マトモに取り合ってくれないので、

 

クレジットカードを解約して支払自体を止めてしまおうという苦肉の策ですが、

 

それでは支払を止めることができないかもしれないのでご注意ください。

 

 

過去にクレジットカードを解約することで支払自体を止め、

そのまま強制解約が叶ったという人は実際にいます。

 

その反面で、クレジットカード解約したのに請求を止めれなかった人もいます

 

 

カード解約した後でも、カード会社がRL360からの請求を受理してしまい、

あとから請求書が届いたというケースもありました。

 

 

クレジットカード会社のルールや対応によって異なるということですね。

 

 

よってクレジットカード解約というのは、確実に支払を止めれるというものではなく、

場合によっては、カード解約しても請求がそのまま届くということもあります。

 

 

カード解約するしか支払を止める方法が無い!

 

という人は、まず落ち着いてカード会社にこの件を確認するようにしてください。

 

 

不正請求ではないので支払義務が消えることはありませんが、

 

「紹介者に騙されてサインした請求が来ているので、カード解約してでも止めたい!」

 

と正直に話してカード会社がどう対応してくれるかですね。

 

オフショア長期積立の解約はIFAに直接連絡が鉄則

特にRL360(ロイヤルロンドン)の積立解約相談が多いのですが、

 

契約後2年以内の解約であれば、紹介者が相談に乗ってくれるはずがないので、

 

契約時に貰った書類一式を引っ張り出し、IFAの連絡先を調べて直接電話してください。

 

 

IFAが解約手続きを渋ったり、手続きしてくれないということは考えられません。

 

IFAにさえ辿り着けば、クレジットカードを解約しなくても大丈夫です。

 

 

日本国内でRL360積立を勧誘している連中は、

IFAという存在すら契約者に教えることなく、当然連絡先も伝えません。

 

 

「何かあれば私まで連絡してください」

と、いつ逃亡するかも分からない日本国内の会社や個人の連絡先を伝えるだけです。

 

 

自分の紹介報酬のことしか考えていない輩が多いので、十分に注意しましょう。

 

 

解約についてお困りのことがあればJACKが相談をお受けしますよ。

できる限りのことはアドバイスします。

マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



関連記事

5年後にRL360積立を継続している人は全契約者の5%程度

円建てができるオフショア積立商品なら円建てを選ぶのがベター

HSBC香港のお金を国内のATMで引き出せば金融庁にはバレないというのは大嘘です...

NO IMAGE

オフショア生保積立を契約した直後であれば損切りして解約という方法もある

分散投資は資産を守る投資。でもそれだけでは物足りない。

各オフショア長期積立商品の今年の運用利回りはまずまずのプラスで終わりそうです