オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフショア生保積立を契約した直後であれば損切りして解約という方法もある

オフショア生保積立を契約し積立金の支払が開始した直後に、紹介者から説明された事が大きな間違いだった(もしくは嘘だった)事に気付いて、JACKに相談される方が最近特に増えています。

「25年契約の最初の2年だけ積立して後は放置しても大丈夫」

「25年契約の7,8年目に解約してもそれまでに増えた分があるから、元本は戻ってくる」

こういう説明を信じて契約してしまった方は、当然25年後の満期までコツコツ積立るつもりは最初から無く、最初の数年だけ積立をやっていれば後は何もしなくても含み資産の方がコツコツ増えてくれると思っておられるようですが、とんでもない。

最初の2年だけ積立をして後の23年も放置してると手数料負けして満期時にはかなり目減りしてるでしょうし、8年目に解約しても投資元本の半分も回収できないと思います。

こういう方に対してJACKは「まだ積立開始から2,3ヶ月しか経ってないのでしたらそれは悪い勉強代だったと割り切って解約した方がいいでしょう」とお伝えします。

初期口座期間中の解約はそれまでに積み立てたお金が全て違約金として徴収されるので、契約者には1円も返還されません。ですがこのまま2年間積立をして後の23年間放置するくらいならここで損切りしておいた方が絶対に良いと思います

紹介者からすると、初期口座期間中の解約はコミッションが全額没収されるだけでなく、それが相次ぐと紹介者としての権利を剥奪される事もあります。悪徳紹介者を1人でも多く撲滅させたいと思うJACKにとっては願ったり叶ったりです

2年目以降全く積立をする気がない方、25年契約なのに最初から短期で解約を考えている方、そんな積立では資産は増えないどころか減っていきますので、ダメージを小さくする為にも早めの損切りを検討ください。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い