オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフショア生保積立の8月運用利回りは全面的にマイナス覚悟

8月後半に発生した世界同時株安の影響で世界中の株式ファンド価格も一斉に下がりました。

オフショア生保積立の運用タイプはほとんどの方が「積極型運用」を選択されていると思いますが、積極型運用とはボラティリティーの高い株式ファンドを中心にポートフォリオを組みますので、今回のような突発的な株安が起こるとモロに影響を受けます。

調査した所によると、各IFAの8月運用利回りは軒並み6%前後のマイナスを計上しています。ブログ読者の方の情報によると8月だけで10%以上のマイナスを計上したIFAもあると聞いています。スイッチングのタイミングが他よりも遅かったのでしょう。

JACKが契約しているIFA3社もさすがに全てマイナス運用でした。2%〜6%の間ですからまだマシな方かもしれません。

長期積立ですので単月単年のマイナスで一喜一憂すべきではありません。マイナスがあればプラスもあり長期で見た時に資産がプラスであればいいのです。現にリーマンショックが起こった年の利回りは軒並みマイナス15〜20%でしたが、リーマン翌年はプラス30%前後で回っています。

契約時に悪質な紹介者から、あたかも毎年プラス運用が続くような説明とグラフを見せられてテンションが上がって契約した方も多いようですが、実際ここまで見てきてそうでは無いというのが分かったと思います。現実をしっかり見て冷静な判断と正しい知識・情報をもってコツコツと資産を積み上げていきましょう。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い