オフショア長期積立を契約途中に積立金減額するのであれば200〜300ドルに留めましょう

オフショア長期積立投資を契約し2年が経過(初期口座期間満了)した所で積立金を減額する人が後を絶ちません。

 

悪徳紹介者に「初期口座期間だけ多く積立てて期間が終われば減額・停止すればいい」と不利な積立方を教わってそのまま言う通りにする方もいますし、自身のキャッシュフローが悪化して止む無く減額・停止される方もいらっしゃいます。どちらにしても「減額・停止するという事は手数料負担割合が増えて資産が増えにくくなる」と事には変わりません。

 

止む無く減額するのであればUSDで200から300くらいに留めておく事を強くお勧めします。JACKの知人の中には初期口座期間中に2000USD、3年目から250USDまで減額してしまい全く資産が増えないどころか年々大きく目減りしていっている人がいます。ここまで大きく減額してしまうと年間でプラス運用ができたとしても手数料負担のせいで資産が年々減っていってしまいます。

 

「減額・停止しても全く問題ない」と説明する紹介者がいるようですが大嘘です。ここでの「問題ない」という発言は「お客様の資産の事」ではなく「自分に入ってくるコミッションの事」というのを覚えておきましょう。

 

月300USD以上減額するのであれば、契約当初思い描いていたシミュレーションは崩壊すると思っておいて下さい。JACKも過去に減額・停止をした事はありますがキャッシュフローが回復してからすぐに当初の金額に戻して再開しました。それほど毎月の積立金を変えないという事は大事な事なのです。

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



 COMMENT

関連記事

Skype相談もメール相談もたくさん頂いてますが対処が遅れてすみません

オフショア保険会社の本社所在地や格付けにこだわらない

オフショア金融商品と国内金融機関が販売するラップ口座商品はココが違う

ブログ読者からの情報提供。定期預金を解約させて私募投資案件に投資させようとする業...

オフショア積立のIFAを移管する事に関しての注意事項と認識

HSBC香港口座開設や維持に関する現在の状況について