日本の某生命保険商品と海外の某生命保険商品を比較してみたらこんなに違ってた②

引き続き海外の某生命保険商品について

 

昨日紹介したプランはJACK自身が契約者・被保険者となった場合のものですが、今日は被保険者を小学生の子供にしたプランのシミュレーションをしてみました。

 

これは日本の生命保険商品で比較できるものがなかった(あったとしても超低利の学資保険くらい)ので海外の某生命保険商品のみのシミュレーションとなります。

契約者 JACK

被保険者 10歳の子供

 

保険料払込期間 10年
毎月の保険料 23,000円
65歳の時に解約した場合の返戻金 4000万円
上記返戻率 1400%
100歳で死亡した場合の死亡保障 2億5千万円

 

驚愕です。言葉になりません。恐らくこのシミュレーションを見ても大半の日本人は「詐欺だ!」「有り得ない!」と声高に叫ぶかもしれません。

 

恐らく日本のどの保険会社よりも歴史があり、預かり資産額も多い超大手保険会社が販売しているプランですからね。。これまでの実績も十分にある会社なのでこのシミュレーションは詐欺ではありません(とは言っても数十年先の将来の事は誰にも分かりませんが)

 

子供がまだ小さいうちにこのプランを契約して10年で支払いを終え、子供が18歳か20歳を越えれば契約者名義も移してあげれば、子供自身で生命保険商品を掛ける必要もなく毎月の支払いも不要なので子供の為の資産構築としては最適な商品ではないかと思っております。

 

オフショア積立商品の事を案内したり紹介しているサイトやセミナーは日本にも多くありますが、こういった商品の存在を教えてくれる人は今迄皆無でした。やはり本当に有益な情報は自分で掴みにいかないと得る事はできないなと思った次第です。

 

まだまだJACKの知らない事は多いと思いますが、これからも自分でリスクを取りながら有益な情報を掴みにいきます。

 COMMENT

関連記事

海外オフショア生命保険は法人・個人どちらにとっても節税商品にはなりません

子供が生まれたからゆうちょ銀行に学資保険の相談に行くのは思考停止した人が取る行動

個人的な考えですが今後長期積立1本で満足いく資産形成をするのは無理。養老保険や確...

海外長期積立より保険を選びたいが情報がない

自分に最もベストな保険商品、金融商品は何かというのをよく考えて契約しよう

オフショア長期積立の過去の利回り実績なんて参考にならない。大事なのは現在と未来