オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の某生命保険商品と海外の某生命保険商品を比較してみたらこんなに違ってた

IMG_1180

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

JACK自身国内の生命保険商品(死亡保険や養老保険タイプ)には興味がないのですが、先日機会があって某生命保険会社の死亡保障付貯蓄保険のシミュレーションをネット上でやってみました。

 

どちらも終身タイプで解約返戻金を付けた商品です。解約さえしなければ一生死亡保障が付いていますし、途中解約した場合でも解約返戻金としてお金が戻ってきます。掛け捨て商品に比べて保険料は上がりますがJACKはこういう商品の方が良いと思っています。

 

以下の情報を入力してそれぞれシミュレーションをおこないました。

35歳 男性 非喫煙

死亡保障 1200万円

保険期間 終身

 

シミュレーション結果は以下の通りです。

「日本の生命保険会社A社の場合」

保険料払込期間 15年
毎月の保険料 44,700円
65歳の時に解約した場合の返戻金 9,696,000円
上記返戻率 120.5%
100歳で死亡した場合の死亡保障 1200万円

 

「海外の生命保険会社S社の場合」

保険料払込期間 10年
毎月の保険料 39,000円
65歳の時に解約した場合の返戻金 15,866,000円
上記返戻率 340.1%
100歳で死亡した場合の死亡保障 9400万円

 

雲泥の差とはこの事ですね。日本の生命保険業界のプロ(専門家)が海外の商品をこっそり契約しに行っているというのは、プロの目から見てもその差が明らかだという事からでしょう。

 

解約時の返戻金の差は3倍近くですが、100歳まで長生きして亡くなれば死亡保障は約8倍の差です。

 

シミュレーションしてみると改めて勉強になりました。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い