日本の某生命保険商品と海外の某生命保険商品を比較してみたらこんなに違ってた

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

JACK自身国内の生命保険商品(死亡保険や養老保険タイプ)には興味がないのですが、先日機会があって某生命保険会社の死亡保障付貯蓄保険のシミュレーションをネット上でやってみました。

 

どちらも終身タイプで解約返戻金を付けた商品です。解約さえしなければ一生死亡保障が付いていますし、途中解約した場合でも解約返戻金としてお金が戻ってきます。掛け捨て商品に比べて保険料は上がりますがJACKはこういう商品の方が良いと思っています。

 

以下の情報を入力してそれぞれシミュレーションをおこないました。

35歳 男性 非喫煙

死亡保障 1200万円

保険期間 終身

 

シミュレーション結果は以下の通りです。

「日本の生命保険会社A社の場合」

保険料払込期間 15年
毎月の保険料 44,700円
65歳の時に解約した場合の返戻金 9,696,000円
上記返戻率 120.5%
100歳で死亡した場合の死亡保障 1200万円

 

「海外の生命保険会社S社の場合」

保険料払込期間 10年
毎月の保険料 39,000円
65歳の時に解約した場合の返戻金 15,866,000円
上記返戻率 340.1%
100歳で死亡した場合の死亡保障 9400万円

 

雲泥の差とはこの事ですね。日本の生命保険業界のプロ(専門家)が海外の商品をこっそり契約しに行っているというのは、プロの目から見てもその差が明らかだという事からでしょう。

 

解約時の返戻金の差は3倍近くですが、100歳まで長生きして亡くなれば死亡保障は約8倍の差です。

 

シミュレーションしてみると改めて勉強になりました。

マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



 COMMENT

関連記事

台湾について誤った情報を発信している人が多いのでお気をつけください

知れば知るほど海外保険商品の虜

遂にドル円は115円超えへ。悪徳紹介者から長期積立商品を契約した人はターニングポ...

オフショア長期積立の過去の利回り実績なんて参考にならない。大事なのは現在と未来

とあるオフショア貯蓄型保険に興味があり契約を検討しています

オフショア金融商品のラインナップが更に充実してきましたね