サンライフ香港積立プランの概要と要点について

サンライフ香港から販売されている積立商品サンアーキテクトというセービングプランがあります。

 

JACK自身も興味のある商品の一つではありますが、契約の際には香港に行く必要があります。基本的な商品構造はフレンズプロビデントやインベスターズトラストと変わりませんが、保険部分が従来の1%ではなく5%付いているというのが特徴です。

 

最低投資金額 200米ドル

契約期間 5年から25年(満期100歳迄)

クレジットカード手数料無料 VISA・MASTERのみ

初期口座期間は契約年数によって変動する形です。

5年・・・・・15ヶ月
6〜10年・・・18ヶ月
11〜15年・・・24ヶ月
16〜20年・・・30ヶ月
21〜25年・・・36ヶ月

 

最長25年契約にすると初期口座期間が3年もあり長いと感じますが、早期解約手数料(ペナルティ)は12年目までしかかからず13年目以降の解約は手数料がかからないというメリットもあります。契約期間が短いと早期解約手数料対象期間も短くなります。

 

手数料体系の中で管理手数料と呼ばれるものがあり、これはフレンズプロビデントで言う所の初期口座手数料のようなものですが、25年契約の場合初年度年間積立額の年12%(月1%)が徴収されます。例えば月500ドルの積立の場合に年間6,000ドルですので毎月60ドルかかるという事になります。但し徴収期間は早期解約手数料対象期間のみですので、13年目以降はこの手数料は不要となります。

 

既に長期積立を数本契約しているJACKからすると、手数料体系を考えてこの商品は長期ではなく中期(10年〜15年)で契約するのが良いかなと思っています。

 

詳しく話を聞いてみたいという方は是非香港に足を運んでみてください。サンライフは積立商品の他に生命保険型商品などのラインナップもあり日本のそれとは全然違いますので驚くと思いますよ。

 

オフショア保険の良さが分かると日本国内の生命保険や金融商品を契約しようとは思えなくなります。

マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



 COMMENT

関連記事

日本国内の保険業界のプロフェッショナルでも海外の生命保険商品を知ると喜んで契約す...

フレンズプロビデント譲渡案件①の終了とサンライフ、エイジアスプラン譲渡について

オフショア長期積立投資を契約してから5年以上積立継続している人の割合は極端に低い...

海外の死亡保障付養老型保険商品は色々なプランやオプションがあって楽しいですね

プレミアトラスト商品はITAと比較してどうなの?

日本の生命保険商品と海外の生命保険商品はそもそも予定利率が全然違う