オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の生命保険商品と海外の生命保険商品はそもそも予定利率が全然違う

予定利率とは生命保険会社が契約時に設定する運用利回りの事です。実際の予定利率は原則非公開ですが現在日本の予定利率は1%切るくらいではないでしょうか。

 

香港やシンガポールなどで販売されている生命保険商品は1%程度の予定利率では誰も契約しません。インフレ率が年2%以上ですのでそれ以下の予定利率では誰も見向きもしないという事です。

 

日本政府は物価上昇2%を目標にインフレを目指していますがそうなった場合、金融商品の予定利回りも上げるつもりなのでしょうか(恐らく大半の日本人は特に何も文句を言う事なく言われるがまま低い予定利率のまま契約しそうですが(^_^;))

 

予定利率の高い海外の生命保険商品は、解約返戻金も日本のものと比べると全然違います

 

既に決まっている返戻金と、最初の時点では未確定でその後の運用次第で変わる返戻金を合わせた合計が最終的に償還されます。養老保険とイメージしてもらえたらわかり易いかと思います。

 

死亡保障も付いているので、自分に万一の事があれば家族に十分なお金を残す事ができますし、元気で長生きすれば満期には支払った金額以上の返還金があるのでゆとりある老後を過ごす事もできますね。

 

具体的な予定利率などの数字や詳細などについてはコアメンバー向けメールでお話ししますが、こういう情報を知ってしまうと日本の生命保険商品はどうも契約できません。。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い