海外保険とオフショア長期積立の違い①

「海外保険」「オフショア積立」の違い

について、よく質問をいただきます。

 

 

オフショア積立というのは、私のブログでもよく出てくる

 

・メティス香港

・RL360(ロイヤルロンドン)

・インベスターズトラスト

・ドミニオン

 

などの商品のことです。

 

 

 

対して海外保険というのは、

 

・サンライフ

・FTライフ

・Fubon Life

・マスミューチュアル

 

などがありますね。

 

 

 

海外保険とオフショア積立は、

似て非なるもの

 

だと覚えておいてください。

 

 

 

前者は契約する価値があり

後者は契約する価値があまりない(一部はある)

 

 

 

では、どういう点で違いがあるのか。

 

 

少しずつ説明していきたいと思います。

違いその①「支払期間」

海外保険とオフショア積立

どちらも、支払期間を契約時に決めなければなりません

 

 

「一度決めた支払期間は動かさない」が鉄則であり、

海外保険に至っては、途中で停止や変更ができません。

 

 

よって、自分の収入やライフプランを考えて

最後まで支払いができる期間で契約する必要があります。

 

 

 

その支払期間ですが、

 

オフショア積立は5年〜30年で選ぶことができ、

海外保険は2年〜15年程度です。

 

 

 

ルール上は、こういった期間があるのですが、

オフショア積立の契約者の大半は、25年か30年で契約しています。

 

 

契約「させられている」と言った方が正しいでしょうか。

 

 

 

最近、RL360やメティス香港を契約した人も

皆25年か30年でしょう。

 

 

5年で契約できることを知らない人が多いですからね。

 

 

 

海外保険の支払期間は最短2年で、最長でも15年程度

 

 

平均すると5〜10年で契約している人が多いですね。

 

 

 

一括払いも、先払いもできますので、

 

早くに支払いを終えて、あとは老後まで悠々自適

という人が多い印象です。

 

 

 

25年支払で契約し、途中で止めたり減額したり、

騙されて契約したオフショア積立難民とはエラい違いです。

 

 

海外保険の支払いは、とても短いスパンで終わりますので、

 

オフショア積立に騙された人でも、

早めに損切りして保険に切り替えることをお勧めします。

 

 

支払期間について、質問等あれば、

問い合わせから遠慮なくどうぞ。

 

 

 

関連記事

日本の保険業界で働く方々と国内外の保険商品について意見交換しました

知れば知るほど海外保険商品の虜

自分に最もベストな保険商品、金融商品は何かというのをよく考えて契約しよう

オフショア金融商品のラインナップが更に充実してきましたね

オフショア長期積立で10年目以降に支払われるボーナス支給のみを狙って無理して高額...

NO IMAGE

国内大手保険会社で働く人の多くは海外生命保険や年金プランを知っている