海外保険とオフショア長期積立の違い②

「海外保険」「オフショア積立」の違い

について、よく質問をいただきます。

 

 

オフショア積立というのは、私のブログでもよく出てくる

 

・メティス香港

・RL360(ロイヤルロンドン)

・インベスターズトラスト

・ドミニオン

 

などの商品のことです。

 

 

 

対して海外保険というのは、

 

・サンライフ

・FTライフ

・Fubon Life

・マスミューチュアル

 

などがありますね。

 

 

 

海外保険とオフショア積立は、

似て非なるもの

 

だと覚えておいてください。

 

 

 

前者は契約する価値があり

後者は契約する価値があまりない(一部はある)

 

 

 

では、どういう点で違いがあるのか。

 

 

今日は2つ目の違いをお話させていただきます。

 

違いその2「運用シミュレーション」

メティス香港や、RL360にもシミュレーションはあります。

 

年利10%、右肩上がりの運用グラフを見て契約した人も多いでしょう。

 

オフショア積立のシミュレーションは、

紹介者自身がエクセルで作成しています。

 

 

積立金額と期間を入力し、運用利回り10%で計算するという、

中学生でもすぐに作れるエクセルデータです。

 

 

普通に考えたら、そんなシミュレーションは信用できないと分かりますが、

 

オフショア長期積立の契約者は情報弱者が多いので、

セミナーの雰囲気に飲まれて、信用しちゃうんですね。。

 

 

 

対して、オフショア保険のシミュレーションは、

 

過去100年以上の歴史(運用)と返戻金実績に基づき、

保険会社自身が作成します。

 

 

詐欺師が作ったエクセルデータとは、信用性が雲泥の差。

 

 

 

保険会社のシミュレーションを見た人は、誰もが驚き、

日本の生保会社との大きな違いに気付きます。

 

(シミュレーション一例)

 

 

RL360やメティス香港を契約された方。

あなた方が、契約前に見せられたシミュレーションは大嘘です。

 

 

100%そうなりませんし、

残念ながら金をドブに捨てることになるでしょう。

 

 

 

契約後4〜5年以上経てば、私の言ってる意味が分かりますが、

 

いまは多分分からない(理解できない・紹介者をまだ信用してる)と思います。

 

 

 

私の元には、ロイヤルロンドンやメティス香港を契約して、

数年経った人からの悲痛な叫び(相談)がよくあります。

 

 

皆が皆、

「こんな商品契約するんじゃなかった」と後悔していますよ。

 

 

 

オフショア長期積立ではなく、海外保険に目を向けましょう!

 

 

海外保険は

「万が一の保障」「資産形成」を同時に達成できる商品です。

 

 

 

関連記事

いまの為替水準で海外保険の契約はすべきではないのか?

知れば知るほど海外保険商品の虜

JACKが何故オフショア長期積立を契約しているのか

NO IMAGE

国内大手保険会社で働く人の多くは海外生命保険や年金プランを知っている

「REGENT Premier 2」—新世代の生命保険プラン

3月までに香港行って新たな金融商品を契約しましょかね〜