個人年金保険も日本国内より海外の商品の方が圧倒的に魅力がありますね

もし現在日本国内の個人年金保険を契約されている方がいらっしゃれば、

 

解約を含めて、今後のプランを見直した方が良いかと思います。

 

 

いま検討していたり、誰かに勧めたりされたりしている方は、

 

すぐに考えを改め、契約を見送る事を強くお勧めします。

 

 

国内の保険会社の商品で契約しても良いと思うのは、

 

  • 医療保険
  • ガン保険
  • 100歩譲って、掛け捨ての死亡保険

 

逆に契約すべきでないものは、

 

  • 貯蓄型死亡保険
  • 個人年金保険

 

です。

 

 

もっと厳しめに言うと、上記2つの商品を日本国内の保険会社から契約している人は

 

 

情報弱者でマネーリテラシーが低い

 

 

と言い切れます。

 

 

自分の意思ではなく、周りの誰かに勧められるがまま契約しているという人は、

 

すぐに解約し、保険の見直しをされる事を強く勧めます。

 

 

お金のこと、保険のことは全部嫁に任せているなんて情けない事言わないで下さいね。

 

 

奥さんのマネーリテラシーが低いと、間違いなく上記の保険どれかを契約していますよ。

 

 

無駄な保険はバッサバッサと解約し、余ったお金をiDeCoやつみたてNISAに回した方が

 

間違いなく将来の資産形成として有益です。

 

 

海外で契約できる個人年金保険商品も面白い

日本国内では契約することができませんが、

 

色々調べてみると、海外で契約できる個人年金保険には実に魅力あるものがあります。

 

 

試しに比較してみると、

 

日本国内の個人年金の予定利率 0.25%

海外の個人年金の予定利率 3.5%

 

その差14倍!

 

 

日本国内の個人年金保険を契約されている方、お気の毒様です!∑(゚Д゚)

 

 

日本で個人年金保険を契約することがどれだけ馬鹿らしい事か一目瞭然ですね。

 

 

海外の商品と聞くだけで抵抗があり、国内のものが良いと言う方は、

 

個人年金保険ではなく、iDeCoにしておきましょう!

 

 

日本の保険会社は、個人年金保険と貯蓄型保険の販売を中止した方がいいと思いますよ。

 

 

無知な状態のまま契約させられている人が、あまりにも可哀想です。

 

 

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

関連記事

学資保険や死亡保障付貯蓄型保険は圧倒的に海外商品の方が良い

保険選びと複数の収入源確保の重要性①

高いレベルで質の高い情報を複数仕入れてシェア

金融商品や保険は何でもかんでも海外商品が良いわけではない

NO IMAGE

日本と海外の保険プランは増え方が全く違う

外の情報は自分で掴みにいかないと向こうからは教えてくれない