海外保険のメリットと選ぶ理由

保険の見直しと海外プランの魅力

多くの方から、保険の見直しや海外プランに関する質問をいただいております。

 

国内保険と海外保険の違いを数字で示すと、

その差に驚かれる方が多いですが、これは紛れもない事実です。

 

 

特に、死亡保障保険や貯蓄保険(養老保険)に関しては、

海外プランが金融知識の高い人々の間では常識となっています。

 

具体的な違い

死亡保障

35歳男性が、死亡保障1000万円を得るために必要な保険料総額の比較です。

  • 日本のプラン:860万円
  • 海外のプラン:400万円

 

この時点で、海外プランの方が圧倒的に有利です。

 

 

さらに、45年後に80歳で亡くなった場合の死亡保険金は、

 

  • 日本のプラン:1000万円
  • 海外のプラン:37万USD(現在の為替で約5700万円)

 

その差は5倍にもなります。

 

 

解約返戻金

80歳でプランを解約した場合の解約返戻金は、

  • 日本のプラン:980万円
  • 海外のプラン:28万USD(現在の為替で約4300万円)

 

こちらも約4倍の差があります。

 

海外保険を選ぶ理由

これらの事実から、日本国内の保険業界に勤める人たちが、

自分と家族のプランをこっそり海外で契約している理由がわかります。

 

 

支払い保険料が低く、死亡保障が大きく、

解約返戻金も非常に高い海外保険は、国内のプランに比べて非常に優れています。

 

私自身も、海外保険の話を最初に教えてくれたのは国内保険業界のプロでした。

 

 

賢い選択をするために

知らないからといって海外保険を除外するのは勿体無いことです。

 

大事なお金のことについてもっと知識を深め、最良の選択をしましょう。

 

 

コアメンバーになれば、

海外保険についてさらに詳しい情報を得ることができますし、

 

既に契約している仲間も多くいます。

 

詳しくはこちらをご確認ください。

 

 

関連記事

長期積立商品以外を契約する場合は代理店の運用成績は関係ない。カスタマーサポート体...

オフショア金融商品や長期積立だけではありません。短期積立や元本確保型確定利回り商...

NO IMAGE

日本と海外の保険プランは増え方が全く違う

外の情報は自分で掴みにいかないと向こうからは教えてくれない

非常に面白い海外金融商品が登場。当然ですが金融機関が販売する商品です

海外投資の入口は誰でも買える投資信託から始めればいい