いまの為替水準で海外保険の契約はすべきではないのか?

外国為替市場で円相場は一時1ドル=160円台まで下落し、

1990年以来の円安ドル高水準となりました。

 

この円安の進行は、米国の経済指標や小売業の売上高が市場予想を上回り、

FRBの利下げが遅れるとの見方が広がったことに起因しています。

 

さらに、日銀が金融政策を据え置いたことで、円安がさらに進行しました。

 

円安が進む要因

現在の為替水準でも、後で振り返ると円高だったと感じる日が来ます。

 

今後円安が進む要因として、以下の点が挙げられます。

 

  • 貿易などによる経常収支赤字:日本は長期的に貿易収支が赤字傾向にあり、これは円の価値を低下させる大きな要因となります。輸出が減少し輸入が増加すると、国内での円の需要が減り、円安が進行します。

 

  • 日本の国力低下:経済成長が鈍化し、技術革新や生産性の向上が停滞すると、国際的な競争力が低下します。これにより、投資家が日本円を避ける傾向が強まり、円安が進行します。

 

  • 欧米との金利差:欧米の金利が上昇し、日本が低金利を維持すると、利回りの高い欧米の資産に資金が流れ込みます。結果として、円が売られドルが買われるため、円安が加速します。

 

  • 人口減:日本の少子高齢化により、労働力人口が減少し、経済成長が鈍化します。この構造的な問題は長期的に円安を促進します。

 

  • つみたてNISAによる毎月のドル買い:つみたてNISAなどを通じて、日本人投資家が毎月ドル建ての資産を購入することで、恒常的に円が売られる状況が生まれ、円安が進行します。

 

これらの要因が複合的に作用し、円安が進む可能性があります。

 

特に日本の経常収支赤字や国力低下は、

長期的なトレンドとして影響を与え続けるでしょう。

 

さらなる円安の要因

これに加えて、以下の要因も円安に影響を与える可能性があります:

  • エネルギー価格の上昇:日本はエネルギー資源を輸入に依存しているため、エネルギー価格の上昇は円安の要因となります。輸入コストが増えることで、国内での支出が増え、円の価値が低下します。

 

  • 政府の金融政策:日銀が金融緩和政策を継続する場合、低金利が維持され、円安が続く可能性があります。特に、他国の中央銀行が引き締めを行っている中での緩和政策は、円の価値をさらに下げる要因となります。

 

  • 国際的な投資資金の動向:グローバルな投資家が日本市場から資金を引き上げると、円が売られ、円安が進行します。特に、政治的不安や経済的不確実性が高まると、リスク回避の動きが加速し、円が売られる傾向があります。

 

まとめ

円安が進む中、海外の貯蓄型保険はリスク分散の有効な手段です。

今後も円安が続く可能性が高いため、早めの対策が重要です。

 

リスクを分散させることで、将来的な為替変動に備えることができます。

 

ご相談や詳しい情報は、オンラインサロンでお伝えしています。

興味のある方はぜひお問い合わせください。

 

 

関連記事

オフショア長期積立商品と香港の養老保険商品は全く違います

学資保険や死亡保障付貯蓄型保険は圧倒的に海外商品の方が良い

知れば知るほど海外保険商品の虜

海外保険とオフショア長期積立の違い②

日本人が海外で契約できる保険商品の門が徐々に閉まってきてますねえ

日本の生命保険商品と海外の生命保険商品はそもそも予定利率が全然違う