サンライフ商品のクレジットカード手数料について正しい説明

 

サンライフ社の養老保険商品や積立商品は、香港でしか契約できませんが、

 

 

現時点で、日本人が香港に行ってサインすれば契約可能な商品です。

 

 

 

海外積立=RL360°(ロイヤルロンドン)しか教えられてない方にとっては、

 

サンライフと聞いても、知らない名前かもしれません。

 

 

会社規模も信用も、保険商品としての魅力もサンライフの方が上なんですよ。

 

 

RL360°(ロイヤルロンドン)の積立商品を紹介されているという方は、

 

サンライフや他の商品の話も聞いた上で、比較検討するようにしましょう。

 

 

サンライフ商品のクレジットカード手数料

サンライフ社商品の保険料(積立金)支払いについては、

 

  1. 香港内の銀行からの自動引き落とし
  2. クレジットカード
  3. 銀行送金

 

の、いずれかの方法となりますが、

 

日本に住んでいる日本人が、最も簡単に支払えるのがクレジットカードです。

 

 

クレジットカードは、VISAMasterの2種類のみが利用可能ですが、

 

 

初回支払と前納のみであれば、JCBとAMEXも利用できます。

 

 

 

クレジットカード手数料は、保険会社各社が独自に定めており、

 

 

例えば、

 

フレンズプロビデントや、スタンダードライフは1%

 

 

FTライフは2.2%

 

 

インベスターズトラストやRL360°は無料といった感じです。

 

 

FTライフの2.2%は突出してますね・・(^◇^;)

 

 

気になるサンライフ社のクレジットカード手数料は無料です。

 

 

ですが厳密に言うと、無料なのは初回のみで、

 

 

2回目からは「サンライフ社が決める為替レート」の兼ね合いで支払額が約1%増えます。

 

 

保険料を香港内の銀行から自動引き落としにする場合の為替レート(USD-HKD)は、

 

7.8

 

 

保険料をクレジットカードから支払う場合の為替レート(USD-HKD)は、

 

7.89(変動あり)

 

 

なので、銀行自動引き落としに比べて、支払負担が1%程度増えるということです。

 

 

これをクレジットカード手数料と捉える事もできますね。

 

 

 

よって、サンライフ社商品のクレジットカード手数料は0というのは厳密にいうと、

 

 

初回支払いか全期前納の場合のみ

 

 

であって、2回目(2年目)からの支払いについては、

 

 

1%程度負担額が増える

 

 

というのを覚えておきましょう!

 

 

 

「クレジットカード手数料無料なら、ポイント付与がある分クレカ払いの方がお得」

 

 

というのは勘違いであって、実際は相殺されてプラマイ0です。

 

 

クレジットカード会社から為替手数料を取られたら逆にマイナスですね。

 

 

 

つまり、サンライフ社商品の保険料支払いをお得に行いたいのであれば、

 

 

銀行自動引き落とし>クレジットカード

 

ということですね。

 

 

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

 

関連記事です 

ここ最近日本国内の投資信託商品も以前と大きく変わりつつあり、 手数料が安く、運用成績の良い魅力的な商品ラインナップが揃ってきている...
もし現在日本国内の個人年金保険を契約されている方がいらっしゃれば、 解約を含めて、今後のプランを見直した方が良いかと思います。 ...
と、たまに問い合わせを頂きます。 この件はJACK自身も過去に検討した事がありました。 ...
マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



関連記事

海外の死亡保障付養老型保険商品は色々なプランやオプションがあって楽しいですね

フレンズプロビデント譲渡案件①の終了とサンライフ、エイジアスプラン譲渡について

サンライフ香港積立プランの概要と要点について

日本国内の保険業界のプロフェッショナルでも海外の生命保険商品を知ると喜んで契約す...

日本の生命保険商品と海外の生命保険商品はそもそも予定利率が全然違う

正しくない情報をあたかも正しいかのように伝える人間が多いのでご注意を