マイナンバーとオフショア金融商品についての続報

今年からオフショア金融商品を契約する際にマイナンバーの提示(IDは不要。番号の提示のみ)が必須となった事は先日お伝えしました。

 

現在日本人が契約できるオフショア生保積立は日本契約可能なITAとRL360(旧ロイヤルロンドン)、香港契約のサンライフとエイジアスの4社ありますが、そのうちマイナンバー提示が必要なのは、現在のところ日本契約のITARL360のみです。

 

今後サンライフ、エイジアスでも求められる事があるかもしれませんが今現在ではまだ大丈夫です。

 

また先日もお伝えした通り、フレンズプロビデント譲渡案件でもマイナンバー提示は不要です。この件をお伝えしてからフレンズプロビデント譲渡案件についての問い合わせがチラホラ入ってきていますが、譲渡案件は非常にレアで今後あまり出てこないかもしれないのでご検討中の方はお急ぎ下さいね。

 

HSBC香港やスタンダードチャータード銀行の口座開設でマイナンバー提示が必要になる日も近い気がしています。海外銀行口座開設にマイナンバーは提示したくないという方はお早めにどうぞ。

マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



 COMMENT

関連記事

トランプフィーバーで株価上昇!円安も進んでオフショア長期積立の支払額は増えますが...

分散投資は資産を守る投資。でもそれだけでは物足りない。

こどもの教育資金積立を日本の某保険会社でシミュレーションしてみました

長期積立商品以外を契約する場合は代理店の運用成績は関係ない。カスタマーサポート体...

オフショア金融商品のセミナー後すぐ契約を迫ったり煽るような人間は相手にしてはいけ...

オフショア長期積立商品も色々あるみたいですが国内で契約可能なものの中ではITA一...