マイナンバーとオフショア金融商品についての続報

今年からオフショア金融商品を契約する際にマイナンバーの提示(IDは不要。番号の提示のみ)が必須となった事は先日お伝えしました。

 

現在日本人が契約できるオフショア生保積立は日本契約可能なITAとRL360(旧ロイヤルロンドン)、香港契約のサンライフとエイジアスの4社ありますが、そのうちマイナンバー提示が必要なのは、現在のところ日本契約のITARL360のみです。

 

今後サンライフ、エイジアスでも求められる事があるかもしれませんが今現在ではまだ大丈夫です。

 

また先日もお伝えした通り、フレンズプロビデント譲渡案件でもマイナンバー提示は不要です。この件をお伝えしてからフレンズプロビデント譲渡案件についての問い合わせがチラホラ入ってきていますが、譲渡案件は非常にレアで今後あまり出てこないかもしれないのでご検討中の方はお急ぎ下さいね。

 

HSBC香港やスタンダードチャータード銀行の口座開設でマイナンバー提示が必要になる日も近い気がしています。海外銀行口座開設にマイナンバーは提示したくないという方はお早めにどうぞ。

 COMMENT

関連記事

オフショア長期積立は最初の理想が高すぎるから現実との差に愕然として積立意欲がなく...

RL360解約の際に解約代行サービスに依頼する必要なし!誰でも無料で解約可能

その投資を始めた目的は何ですか?

オフショア長期積立商品と私募投資詐欺案件をセットで契約させている自称IFA、金融...

フレンズプロビデント積立プラン途中譲渡案件は全て終了しました

海外投資の入口は誰でも買える投資信託から始めればいい