中古でもフルローンでのワンルームマンションは絶対に買わないこと!

新築ではなく、中古ワンルームマンションはどうなのか?

という質問や相談を頂く時があります。

 

 

ワンルームマンション販売会社は、

新築だけでなく、築年数が5年〜10年以内の「中古物件」も取り扱っています。

 

 

中古物件とは言っても、まだまだ築浅なので

大阪で買っても、売買価格1500万円以上はするでしょう。

 

当然現金では買えず、業者はフルローンでの購入を提案します。

 

金融機関も『グル』になって、価値のない物件に満額近い融資を付けて販売。

 

 

購入者だけが大損するという構図は、

新築でも中古でも同じ

 

 

諸費用サービスというメリットをアピールして勧誘しているようですが、

諸費用サービスしてでも、業者にはタップリ利益が残りますからね。

 

 

諸費用サービスなんてのはどうでもいいですし、どの営業マンでもやってること。

 

この人から買ったからサービスしてもらえた、

というものではないので、間違った認識をもたないように。

 

 

結論、

新築でも中古でもローンで購入するワンルームマンションは最低最悪商品

 

 

業者の口車に乗せられたが最後

 

年収2000万円以上あるので、多少の赤字でも補填できる

という人以外はワンルームマンションは絶対買わないように!

 

 

百害あって一利しかない

 

その一利とは、

 

購入者が不幸にも亡くなり、団体信用生命保険が適用されて相続人が物件をタダで貰える

 

ことくらいです。

 

 

節税にならない、保険にならない、年金にならない

 

資産形成や保険、節税目線で見たら、新築でも中古でも最低の商品ですよ。

 

 

1部屋売ったら数百万円という高額利益(報酬)

があるから手当たり次第誰にでも売ってるだけで、価値は全くありません。

関連記事

ようやく満室大家に

危険なのは新築だけではない!ローンを組んで中古ワンルームマンション投資もアウト

不動産投資に興味がある読者限定。立地抜群築13年中古ワンルームで年利10%超回る...

不動産投資は物件選びからローン手続きまで不動産会社任せにしない方がいい

新築ワンルームマンション投資は業者やブローカーだけを儲けさせて投資家は損をする

民泊ウイークリー運用高利回り中古ワンルームマンション情報が入ってきましたが興味の...