某オフショア金融商品のポートフォリオの中に詐欺ファンドが含まれていた?

にわかに信じがたい話なのですが、

 

某有名オフショア金融商品のファンドポートフォリオの中に詐欺商品が含まれており、

 

安心して運用していたはずのオフショア金融商品の一部ファンドの

 

資産価値がゼロになったというケースがあるそうです。

 

 

保険会社が用意しているファンドについてはリスクの違いはあれど

 

価値がゼロになるような詐欺まがい商品は絶対に含まれていません。

 

 

それは日本の金融機関が提供する投資商品も同様であり、

 

ファンドラップ型商品に、投資詐欺が少しでも疑われるようなものは絶対に含まれていないのと同じです。

 

 

例えば過去に一世を風靡し、一部IFAやブローカーがこぞってお客様に紹介し

 

その後破綻して投資家を大損させたKIJANIファンド

 

このファンドを、オフショア金融商品のポートフォリオに入れようとしていたブローカー?もいると聞きました。

 

 

そもそもそんな勝手な事が出来るの?

 

 

オフショア生命保険会社は、KIJANIファンドなんて胡散臭い商品を自社のプラットホーム上で絶対に採用していないと思うのですが、

 

一部の保険会社は、ブローカー(IFAもどき)が独自判断することを容認していたのでしょうか?

 

 

オフショア金融商品というのはファンドラップ型商品ですので、

 

ポートフォリオにはお客様のリスク許容度や方針に応じて、複数のファンドに投資されています。

 

投資されているファンドは、金融情勢に応じて価格が変動するので損失を抱えるリスクは当然ありますが

 

価値が0になるということなど絶対に有り得ません。

 

 

どうも今回話を聞いたIFA(もどき)は、

 

人様の財布に手を突っ込んで自らの利益を最大化させようと試みるも

失敗に終わり、損失を全て契約者に被らせている模様です。

 

 

こんなクソ業者。日本にいたら即免許取り消しで業務上横領にも問われますが、

 

海外に拠点(香港ではありません)があるのでやりたい放題してるんですね。

 

 

皆さんも今後こんなクソ業者、クソブローカーの餌にならないようくれぐれもご注意ください。

 

 

このクソブローカーは「香港のIFAは信用できない」などとホザイているそうですので、

 

そういう発言を聞いた場合は「コイツが犯人か!」と思うと良いでしょう。

 

 

信用できないのはお前自身だよ!

 

 

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



関連記事

元本保証と元本確保の違いは理解してますか

フィリピン、タイ、カンボジア、ミャンマーの私募投資案件や不動産案件が次々と破綻し...

詐欺案件被害に遭った際に取るべき行動とJACKのこれまでの回収率

仮想通貨市場に投資をしないのは完全な機会損失だけど詐欺案件も多い

D9、ビットリージョンに次いでノアコインもキナ臭い雰囲気になってきた

誰かに勧誘されたよく分からない案件には投資しないのが鉄則