オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフショア生保積立の途中譲渡でよくある質問をまとめました

第三者へ途中譲渡できるオフショア生命保険会社はどこ?

フレンズプロビデント
RL360(旧ロイヤルロンドン)
インベスターズトラスト です

誰に途中譲渡できるの?

家族でも友人でも全くの他人でも構いません

途中譲渡のメリットは?

売り手にとっては実際に解約するよりも多いお金で売却できます。海外銀行口座を持っていなくても構いません。

買い手は実際に口座内にある資産残高より安く購入できます。またフレンズプロビデントの商品は新規契約が不可になりましたので、フレンズプロビデントの積立商品を契約したい場合は途中譲渡しか方法がありません

途中譲渡のデメリットは?

特に思い当たりません

必ず譲渡できるの?

オフショア生命保険会社での審査はありますが、これまで審査が通らなかったケースは御座いません

譲渡完了までの期間は?

必要書類を提出してから1ヶ月半~2ヶ月程度です

売り手は何故実際の資産額より安く譲渡するのですか?

解約すると早期解約ペナルティとして保険会社から違約金が徴収されます。手数料率が非常に高い為、もし解約すると資産のほとんどが戻ってきません。実際の資産と言いましても初期口座内にある資産は満期まで引き出す事ができないお金です。解約するよりもより多いお金が手元に残せるという事で途中譲渡を決断されます

譲渡が完了すればIFAは移管できますか?

もちろんできます。完了後でしたらお好きなIFAに移管して構いません

譲渡手数料や移管手数料は必要ですか?

一切不要です

譲渡金はどのように支払われるのでしょうか?

基本は名義が完全に変更されてからの支払いとなります。日本円での現金、国内銀行口座への振込み、海外銀行口座への振込みも対応します

初期口座期間中ですが譲渡は可能でしょうか?

基本は不可です。初期口座が終了している事が前提となりますが、柔軟に対応できるケースも御座いますのでまずはお問い合わせください

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い