オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイパーインフレや国家破綻は僕らが生きてる間は起こりませんので悪徳紹介者に騙されないようにしよう

img_main_2

「日本財政はこのまま行けば破綻する」

「ハイパーインフレに備えましょう」

 

違法なオフショア長期積立商品セミナーではこのような低レベルで間違った情報が発信され、金融知識や経済について何も知らない方々が信じ込んで騙されてしまっているようです。

 

不安を煽った方が消費者マインドを動かしやすいというのはどのジャンルでも同じで、オフショア長期積立商品販売も新築ワンルームマンション販売もワンルームマンション買取も不安を煽って買わせる(もしくは売らせる)手法が多く用いられています。書籍にしても「国家破綻に備えろ!」みたいなタイトルが人気で皆さんも一度は手に取った事があるのではないでしょうか?

 

で、実際に国家破綻やハイパーインフレが今後起こるのかと言われると答えはNOです。少なくとも僕らが生きている間には99%起こらないと断言できます。

 

日本国の総債務残高は約1000兆円とこれだけ見ると先進国では最悪な水準です。国民1人当たり800万円ほどの借金を抱えており「借金時計」なるサイトもよくセミナーで用いられてこのまま借金が積み重なると財政破綻しますと言われた事はありませんか?

 

でもね、、この約1000兆円って国内で消化されている債務であって諸外国から借りている訳じゃないんですよ。周知の事実だと思いますが国民の預貯金が約1500兆円あるわけでそこから充当されてるんですね。アメリカやイギリス、ギリシャと違って日本は世界トップの対外資産国であって370兆円近くを諸外国に貸し付けている最強の国なんで遠慮する事なくまだまだ国債は発行できちゃうから財政破綻とかまだまだ考える心配はないんですね。

 

国内法人の預貯金を合わせると2000兆円ほどあると言われているのでまだ1000兆円は余裕があります。その上対外資産が370兆円あって日銀の純資産も300兆円ほどあるからそれら上乗せしたら相当余裕あるのにどうしてデフォルトなんかするんでしょうか。

 

しかも財政破綻懸念が今現在少しでもあるのならば為替は円安に動いているでしょうし国債価格も下落してますよ。それがいまどうなってますか?一時的に120円だったドル円は現在100円ちょっとで推移し、国債価格も上昇して金利が下がっています。これが世界から見た日本の評価であって今後もそう簡単に揺らぐ事はないんですよ。

 

まあこれは一種のマインドコントロールだと思っています。財務省は増税推進派ですから財政不安だの何だのメディアに対してネガティブキャンペーンをさせて国民に対して「増税やむなし」と思わせることしか考えていませんね。連日のニュースを見てたら分かるでしょう。

 

オフショア長期積立の悪徳紹介者や悪徳FPはネガティブキャンペーンに乗せられて自分で正しい情報を集めようともせず、財政破綻やハイパーインフレ懸念を声高に叫び、無理な人たちに不利な条件で特定のオフショア長期積立商品を契約させています。

 

オフショア長期積立の良さと言うのはそういう点ではなく・・(長くなるので詳しくはコアメンバー向けに配信します)

 

今後マネーセミナーの類に参加した際にFPやセミナー講師が「今後の日本は財政破綻する懸念がうんぬんかんぬん・・」「このままいくと日本はハイパーインフレになる可能性がうんぬんかんぬん・・」言い始めたらその講師は情報知らずのバカですからすぐに席を立って帰った方がマシです。バカの話をそれ以上聞いても得るものは何もなく、最後の最後でオフショア長期積立を不利な条件で契約させようとしてくるので鬱陶しいだけです。

 

200年後はどうなってるか分かりませんが少なくとも今後50年は日本国の財政破綻やハイパーインフレなど有り得ないのでご心配なく。

 

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い