投資用不動産の物件資料は毎日たくさん見ますが買っても良いと思えるものは年に数件くらいしかない

JACKは不動産投資家でもあるのでほぼ毎日不動産物件資料を見ています。たくさんの資料が連日手元に送られてくるのですが、鮮度が良く一切表に出ていない情報しか相手にしません

 

Yahoo!不動産やホームズなど不動産情報サイトに掲載されている物件は「余り物の中の余り物」であり不動産会社(プロ)や投資家(セミプロ)はここで物件を探すような事はしません。不動産情報サイトに掘り出し物件が眠っている事はなく、たまに「オトリ物件」も混ざっているので情報の質は低いというのが現状です。

 

物件資料を見ていると築10年〜15年程度の物件にも関わらず、毎月の管理費修繕積立金が15,000円以上もかかっていたり、家賃が5万円程度しか取れていない物件もあります。恐らく新築時は管理費修繕積立金は5,000円程度だったと思いますし家賃も65,000円以上は取れていたと思うのですが、立地があまり良くなく、管理状態の悪い戸数の少ない物件は家賃はどんどん下がって管理費はどんどん上がっていく事になります。この時点で当初販売会社から聞いていたシミュレーションは脆くも崩れ去り毎月赤字を垂れ流す状態ですので、ここまでくると「資産」ではなく「負債」です。

 

金融機関から多額のお金を借り、負債を抱え込んで買った物件も負債になるというは悲しい事ですがこれが新築ワンルームマンションを買わされた不動産投資家(凍死家)の現状です。

 

築10年から15年も経てばその物件の将来性や資産価値がよく分かります。物件価格も新築時よりかなり落ちていますし、JACKは多くの物件資料の中から選定に選定を重ねて「買いたい!」と思える1件を見つける努力をしています。

 

正直「買いたい!」と思える物件は年に数件しか出てこないですね。年間に数百件の資料に目を通していますがその中から10件あるかないかといった所です。縁とタイミング次第なので無理して買おうとは思いませんし指値が通らなかったらスッパリ諦めます。偉そうに聞こえるかもしれませんが「買ってあげてもいいよ」という姿勢を保っておかないと売主に足元を見られたり高値掴みさせられる事もあるので慎重に冷静に判断するようにしています。

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



関連記事

不動産投資はある程度まとまったお金を用意してから始めるものです

オフショア長期積立の各IFAの動きが慌ただしくなってきていますね

不動産を売却するならここ1年から2年が絶好のタイミング

資産を一気に増やしたいのであればリスクはあるけど一点集中型投資の方が良い

金利年5%以上のノンバンクから資金を借り入れてまで新築ワンルームマンションを購入...

業者任せ・業者依存の海外不動産投資は止めておいた方がいい。リスクが余りにも高すぎ...